ドコモとパイオニアが「しゃべってコンシェル」技術を応用した自動車向け音声意図解釈技術を共同で開発

<2012年12月4日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
パイオニア株式会社

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(代表取締役社長:加藤 かおる、本社:東京、以下ドコモ)とパイオニア株式会社(代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、本社:神奈川、以下パイオニア)は、話しかけるだけで情報を調べて教えてくれるドコモの音声エージェント機能「しゃべってコンシェルTM」の技術を応用した自動車向け音声意図解釈技術を共同で開発いたしました。
両社は今後、音声意図解釈技術と関連コンテンツの共同開発・提供において協業してまいります。

今回開発した技術は、ドコモが提供する「しゃべってコンシェル」の音声認識技術・意図解釈技術と、パイオニアの自動車向けコンテンツ配信技術、運転環境における操作・機能の利用動向データを組み合わせ、自動車向けに独自に最適化された音声意図解釈技術です。この技術を使うことで、「ペットと入れるレストラン、ない?」「車どこに停めたらいい?」等の自然な言葉での音声操作が可能となります。

本技術を活用したサービスとして、ドコモは、2012年12月5日(水曜)より、ドコモスマートフォンやドコモタブレットで利用できるカーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネットTM」で、目的地検索やカーナビの操作等を音声で指示できる新機能を追加いたします。

両社は今後、ドコモスマートフォンとドコモタブレットで利用できる新たな自動車向けサービスや、パイオニアが開発する車載器向けに、音声意図解釈技術と関連コンテンツ等の開発を共同で行ってまいります。

【自動車向け音声意図解釈技術の利用イメージ図】
自動車向け音声意図解釈技術の利用イメージ図

別紙1 しゃべってコンシェルの技術を応用した「ドコモ ドライブネット」新機能の概要

1.機能

「ペットと入れるレストラン、ない?」「車どこに停めたらいい?」等の自然な発言の意図を「ドコモ ドライブネット」が理解し、ルートの設定や目的地の検索を音声で行うことができます。

2.利用イメージ

ドコモ ドライブネットの利用イメージ図

3.提供開始日

2012年12月5日(水曜)10時

4.料金

「ドコモ ドライブネット」月額使用料315円(税込)注意1注意2注意3

5.対応機種

ドコモ ドライブネット対応機種のうち、以下の条件を満たす機種

  • spモード®契約かつAndroidTM OS 4.0以上注意4

6.ご利用方法

「ドコモ ドライブネットアプリ」のバージョンアップにより、ご利用いただけます。注意5

  • 注意1 別途パケット通信料がかかります。
  • 注意2 「ドコモ ドライブネット」は、本機能を含む一部機能を無料でご利用いただくことができます。
  • 注意3 本機能のご利用には、別途spモード®のご契約(月額使用料315円(税込))が必要です。
  • 注意4 「GALAXY S II SC-02C」「GALAXY NEXUS SC-04D」「らくらくスマートフォン F-12D」を除く。
  • 注意5 本サービスの提供開始以降に「ドコモ ドライブネットアプリ」をインストールした場合、バージョンアップの必要なく利用できます。
  • 注意「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • 注意「しゃべってコンシェル」「ドコモ ドライブネット」「spモード」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
  • 注意表示金額は税込表記です。実際のご請求額は個々の税抜額の合計から税額を算出するため、個々の税込額の合計とは異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ