「NTTドコモグループCSR報告書2012」を発行

<2012年12月17日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)は、「NTTドコモグループCSR報告書2012」を発行し、本日、配布を開始いたしました。

本報告書は、ドコモのCSR活動のうち、代表的な取組みや今後のビジョンなどを中心に冊子にまとめたもので、年1回発行しております。

今回は、主な取組みを「お客様に向けて」「社会に向けて」などステークホルダー別に構成したほか、モバイル事業を通じた新たな価値創造・社会貢献の取組みと、東日本大震災を踏まえた災害対策および被災地域の復興支援活動を特集しております。

なお、本報告書の詳細版として取組み全般を網羅的に紹介するウェブサイト版は、2012年12月下旬にドコモホームページへの掲載を予定しております。また、ウェブサイト版を英訳した「NTT DOCOMO Group CSR Report 2012」は、2013年2月にドコモホームページ英語版への掲載を予定しております。

ドコモは、「モバイルを核とする総合サービス企業」を目指し、今後もお客様一人ひとりにベストなサービスと安心・安全を提供してまいります。

「NTTドコモグループCSR報告書2012」冊子版の入手方法

入手希望の方へ無料でお送りします。以下のホームページまたは電子メールで受付いたします。

また、2012年12月下旬より以下のホームページからPDF形式でダウンロードいただけます。

「NTTドコモグループCSR報告書2012」ウェブサイト版の閲覧方法

以下のホームページで閲覧できます。(2012年12月下旬に掲載予定です。)

「NTTドコモグループCSR報告書2012」の概要

1.発行の目的

本報告書は、企業活動を行う上で関わるすべての皆さまへ、ドコモのCSRに対する考え方や活動を開示することで、ドコモのCSRに関する取組みについてご理解をいただくための、重要なコミュニケーションツールとして位置づけ、更なるCSR活動の推進に努めていくことを目的に発行しております。

2.発行の形態

  • 冊子版
  • ウェブサイト版(日本語、英語)
    <日本語版> : 2012年12月下旬に掲載予定
    <英語版> : 2013年2月に掲載予定

3.主な内容について

  1. トップコミットメント
    当社の社会的使命と新たな価値創造による社会貢献、CSR活動の推進について
  2. ドコモのCSR
    CSR活動に対する基本的な考え方と推進体制
  3. 特集I : 新たな価値創造による社会貢献
    社会的課題の解決に貢献するサービス開発の事例を紹介
    • サイクルシェアリング、環境センサーネットワークなど
  4. 特集II : 災害対策の強化と継続的な被災地支援
    東日本大震災を踏まえた新たな災害対策、「東北復興新生支援室」の活動について
  5. ドコモのCSRに関する取組み
    お客様・地球環境・ビジネスパートナーなどのステークホルダーごとにドコモのCSRに関する取組みを紹介
    • 「お客様に向けて」 : 「ケータイ安全教室」の開催、通信障害に関するご報告など
    • 「地球環境に向けて」 : 通信設備のCO2削減など
    • 「ビジネスパートナーに向けて」 : ドコモショップの店舗づくり支援、CSR調達など
    • 「社会に向けて」 : スポーツ教室の開催・NPOの助成など
    • 「社員に向けて」 : 介護セミナー、社員とのコミュニケーションなど
  6. その他
    • 社会の声を代表して〜アドバイザリーボードメンバーからのご意見〜(冊子版のみ)
    • 環境会計(ウェブサイト版のみ)
    • 第三者意見(ウェブサイト版のみ)

4.その他

冊子版は、使用済みパンフレットなどを再利用した「循環再生紙」を使用しています。

5.表紙イメージ

「NTTドコモグループCSRレポート2012」の表紙イメージ写真

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ