iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

国際ローミング接続協定に関するドコモ、チャイナモバイル、KTの協業

-日中韓Wi-Fiローミングインの拡充-

<2013年2月25日>

株式会社NTTドコモ[本社:東京、代表取締役社長:加藤 かおる、以下ドコモ]、中国最大の通信事業者China Mobile Communications Corporation[本社:北京、Chairman:奚 国華(シ・グォフア)、以下チャイナモバイル]の国際事業を営む完全子会社China Mobile International Limited[本社:香港、Chairman:林 振輝(タイガー・リン)、以下CMI]、韓国最大の通信事業者KT Corporation[本社:ソウル、Chairman&CEO:李 錫采(イ・ソクチェ)、以下KT]は、日本・中国・韓国へのWi-Fiローミングインに関する3オペレータの協業推進について合意し、2月25日よりバルセロナで開催される展示会「Mobile World Congress 2013」に3社共同でブース出展を行います。

ドコモ、チャイナモバイル、KTは現在、アジアの主要オペレータとしてお客様のニーズが高いエリアを中心に各国全域にてWi-Fiサービスを提供しておりますが、今回の合意に基づき複数必要であった事業者間協定・接続を一本化し、ハブ事業者を介して日本・中国・韓国へのWi-Fiローミングインを他国の通信事業者に提供するスキームを構築し、共同推進いたします。また、本スキームには、CMIがハブ事業者の一つとして参画し、2013年度第1四半期内のサービス提供開始を目指します。

同時に3オペレータは、さらなる利便性向上を目的として、SIM認証技術によりWi-Fi接続時に求められるID及びパスワードの入力が不要になる接続方式を採用し、2013年度第1四半期を目処にWi-Fiローミングインを利用されるお客様向けにサービス提供予定です。

NTTドコモ、チャイナモバイル、KTは、3国を跨る移動通信事業の活性化に向けて今後も協業し、益々のビジネス機会拡大を進めて参ります。

各社概要については、別紙の通りです。

別紙 チャイナモバイル、KT、CMIの概要

社名 China Mobile Communications Corporation(チャイナモバイルコミュニケーションズコーポレーション)
所在地 中国 北京市
営業収益注意1 5,280億元注意2(約7兆7,510億円)
Chairman 奚 国華(シ・グォフア)
事業内容 中国における移動通信事業(中国における市場シェア 第1位)
社名 KT Corporation(ケーティーコーポレーション)
所在地 韓国 京畿道 ソウル市
営業収益注意1 21兆9,901億ウォン注意2(2兆6,241億円)
Chairman&CEO 李 錫采(イ・ソクチェ)
事業内容 韓国における通信事業(韓国における市場シェア 固定・ブロードバンド第1位、モバイル第2位)
社名 China Mobile International Limited(チャイナモバイルインターナショナルリミテッド)
所在地 中国 香港特別行政区
Chairman 林 振輝(タイガー・リン)
事業内容 チャイナモバイル国際サービスに関するソリューション事業(チャイナモバイル完全子会社)
  • 注意1 各社営業収益は、事業会社による2011年12月31日時点実績。
  • 注意2 中国人民元 1元=14.68円、韓国ウォン 100ウォン=8.38円で計算。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ