NFCの国際ローミングに関する共通仕様を策定

<2013年2月25日>

China Mobile Communications Corporation
KT Corporation
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

株式会社NTTドコモ(本社:東京、代表取締役社長:加藤 かおる、以下ドコモ)、中国の通信事業者China Mobile Communications Corporation(本社:北京、Chairman:奚 国華(シ・グォフア)、以下チャイナモバイル)、および韓国の通信事業者KT Corporation(本社:ソウル、Chairman&CEO:李 錫采(イ・ソクチェ)、以下KT)の3社は、日中韓の3か国間でのNFCサービスにおけるローミングを実現するために必要な、サービスや端末に関する諸条件について、共通仕様を策定いたしました。この仕様については、サービス、端末それぞれ1冊ずつ白書の形でまとめ、本日からスペイン・バルセロナで開催されるGSMA Mobile World Congressにて発表いたします。

「Asia NFC Zone -NFC Service Roaming」と題されたサービスに関する白書は、NFCサービスのローミングを定義し、商用サービスに必要な要件を提示しています。また、「Asia NFC Zone -NFC Handset Requirements」と題された端末に関する白書では、NFCサービスのローミングを実現するための技術的な要件について説明しています。

これらの仕様は、GSMAやNFC Forumといった国際的な業界団体・標準化団体で策定された国際的なNFC標準に準拠して策定しており、アジア地域でNFCサービスのローミングを実現しようとしているキャリア、サービスプロバイダー、小売業者や、NFC対応端末の開発を行おうとしている端末ベンダーに必要な情報を提供いたします。

3社は、2011年1月から日中韓協力委員会の場などで、NFCサービスのローミングに関して検討を進めており、2012年4月からは具体的な共通仕様の策定に注力してまいりました。今回発表された白書は、今後決済、クーポン、交通といったNFCサービスのローミングの導入の推進に役立つものと考えております。

3社は、今回発表した白書の内容を世界の業界団体・標準化団体にも紹介し、標準化活動を推進していくとともに、世界中のNFCサービスの相互利用が可能になるよう活動してまいります。

今回発表される白書の概要等は、別紙のとおりです。

別紙 NFCサービスのローミングに関する白書の内容

1. 概要

ドコモ、チャイナモバイル、KTの3社が、GSMAやNFC Forumなど、国際的な業界団体・標準化団体で策定されたNFC標準に準拠した、アジア地域でのNFCサービスのローミングの実現に必要なサービスや端末に関する諸条件を共通仕様としてまとめたもの。

2. 内容等

(1)サービスに関する白書
タイトル「Asia NFC Zone -NFC Service Roaming」

<記載内容>

  • NFCサービスの定義
  • ローカル(国内等)でNFCサービスを提供する際の留意点(日本および韓国での商用サービス事例の紹介)
  • グローバル(アジア地域)でのNFCサービスのローミングについて、3社で合意したビジョンやサービス展開計画の紹介
  • NFCの共通技術を端末やサービスに導入する際の留意点

(2)端末に関する白書
タイトル「Asia NFC Zone -NFC Handset Requirements」

<記載内容>

  • すべてのNFC対応端末に共通する必要条件(リーダー・ライター/非接触ICタグ等との互換性、非接触通信時のプロトコル、電源管理、端末と非接触ターミナルの動作条件等)

3. ターゲット

アジア地域のキャリア、サービスプロバイダー、小売業者
グローバル端末メーカー

4. 発表方法

スペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congressのドコモブースでの発表(その後3社各社のホームページ等に掲載)

参考 チャイナモバイルとKTの概要

社名 China Mobile Communications Corporation(チャイナモバイルコミュニケーションズコーポレーション)
所在地 中国 北京市
営業収益注意1 5,280億元注意2(約7兆7,510億円)
Chairman 奚 国華(シ・グォフア)
事業内容 中国における移動通信事業(中国における市場シェア 第1位)
社名 KT Corporation(ケーティーコーポレーション)
所在地 韓国 京畿道 ソウル市
営業収益注意1 21兆9,901億ウォン注意2(2兆6,241億円)
Chairman&CEO 李 錫采(イ・ソクチェ)
事業内容 韓国における通信事業(韓国における市場シェア 固定・ブロードバンド第1位、モバイル第2位)
  • 注意1 各社営業収益は、事業会社による2011年12月31日時点実績。
  • 注意2 中国人民元 1元=14.68円、韓国ウォン 100ウォン=8.38円で計算。
  • 注意NFC(Near Field Communication)とは短距離無線通信規格であるType A、B、FeliCaの上位互換のある国際標準規格を指します。
  • 注意日中韓協力委員会では、NFCなどのプラットフォームの共通化のほかに、国際ローミング、法人サービス、ネットワーク技術、アプリケーションやコンテンツなど様々な分野での協力検討および情報交換を行っております。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ