iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

超高速移動通信の実現に向けた屋外伝送実験で世界初の10Gbps信号伝送に成功

<2013年2月27日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)は国立大学法人東京工業大学と共同で、屋外移動通信環境下での伝送実験を2012年12月11日に行い、上り最大約10Gbpsのパケット信号伝送に世界で初めて成功しました。

今回の実験は、逼迫する周波数の状況と急増するトラフィックに対応するために、これまで移動通信システムでは電波の直進性が強いため利用が難しいとされていた5GHz帯以上の高い周波数帯を用い、10Gbpsを超える高い伝送速度の実現を目的にしています。

本実験では沖縄県石垣市浜崎町地区において、平均時速約9kmで移動している移動局装置から11GHz帯において400MHzの帯域幅でMIMO空間多重注意1 技術を使って信号を送信し、基地局装置で受信しました。基地局装置で受信した信号の復号処理を行った結果、最大約10Gbpsのパケット信号伝送に成功したことが確認できました。

ドコモでは、これまで2005年12月14日の屋外実験では下り最大約2.5Gbps、2006年12月14日の屋外実験では下り最大約5Gbpsのパケット信号伝送を達成しています。

なお本実験の詳細は、2013年2月27日から早稲田大学で開催される電子情報通信学会無線通信システム研究会において発表いたします。

今回の実験の仕組みを下りパケット信号伝送に適用すれば、現在提供しているXiでの受信時最大100Mbpsの約100倍となる、下り最大約10Gbpsの高速通信も可能になります。

ドコモは、移動通信システムの更なる高度化に向けて、高い周波数帯におけるMIMO伝送技術などの無線アクセス方式の研究開発を引き続き推進し、国際標準化にも積極的に協力していきます。

  • 注意1 MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)空間多重:
    複数のアンテナから、異なる信号を、同時に同じ周波数を用いて送信する技術

別紙1 今回の10Gbps信号伝送実験で採用した主要技術(イメージ図)

イメージ画面

1MIMO空間多重(8×16本)
複数のアンテナから、異なる信号を、同時に同じ周波数を用いて送信する技術。
264QAM変調
データを送信信号に変換する方式の一つ。変換された後の信号を、位相と振幅が異なる64通りの組み合わせで表現する。64QAM変調では、1回の送信で6ビットの情報を送信することができる。
3ターボ検出
受信側で一度検出した受信情報からその信頼度情報を信号検出にフィードバックして、繰り返し処理をおこなうことにより、受信性能を上げる信号検出法。

別紙2 屋外伝送実験におけるイメージ

イメージ画面

  • 注意この実証実験は、総務省委託研究「電波資源拡大のための研究開発」の一環として実施されました。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ