docomo LTE 「Xi」に対応した移動基地局車を導入

<2013年3月29日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)は、地震や大雨などの自然災害や集客イベント時などでの通信確保を目的として、高速通信サービスLTE(受信時最大75Mbps注意1)に対応した「Xi」(クロッシィ)®移動基地局車を2013年3月31日(日曜)に導入いたします。

移動基地局車は、大規模災害時の被災地における迅速なエリア復旧や花火大会、大型コンサートなどの集客イベント時において、基地局車周辺における通信を確保、または通信品質の維持、向上を目的に導入しており、「Xi」に対応することで、これまで以上に高速通信をご利用いただくことができるようになります。

これまでにドコモでは、FOMA®に対応した移動基地局車を約50台導入しておりますが、これに改良を加え、「Xi」対応することで、順次導入を拡大してまいります。
ドコモは、この「Xi」移動基地局車を2013年3月31日に1台導入し、2013年夏までには全国で合計約30台へ拡大いたします。また、今後、一部車両では受信時最大112.5Mbps注意1 の高速通信サービスにも対応する予定です。

ドコモは、今後も「Xi」の通信品質の維持・向上や対応エリアの拡大を進め、ベストなサービス提供を通じて、お客様満足度の更なる向上に取り組んでまいります。

外観:

「Xi」(クロッシィ)移動基地局車の写真

  • 注意1 ベストエフォート方式による提供となります。受信時最大75Mbpsと最大112.5Mbpsは技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。実際の通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況、ご利用機種に応じて変化します。
  • 注意「Xi/クロッシィ」「FOMA」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ