NTTデータグループとMOOC提供サイト「gacco」が連携しデータサイエンティスト育成プロジェクトを発足

<2014年6月9日>

株式会社NTTデータ
株式会社NTTドコモ
NTTナレッジ・スクウェア株式会社
一般社団法人日本統計学会

株式会社NTTデータ(以下NTTデータ)、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)、NTTナレッジ・スクウェア株式会社(以下ナレッジ・スクウェア)および一般社団法人日本統計学会(以下統計学会)は、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会公認の大規模公開オンライン講座(MOOC注意1 )提供サイト「gaccoTM(ガッコ)」を活用したデータサイエンティスト育成プロジェクトを2014年6月9日(月曜)から始動します。

本プロジェクトは産官学が連携し、統計学の基礎的な概念からビジネスに役立つ実践的な応用まで、幅広く学べる機会を提供することにより、社会的ニーズが高まりつつあるデータサイエンティストの育成・輩出を目指すものです。

ドコモとナレッジ・スクウェアは、両社が運営する「gacco」において、統計学講座を2014年11月(予定)から開講します。講座内容は、統計学会が統計検定を通じて体系化している統計教育質保証に沿うものであり、統計学会が推薦する複数の大学教授陣が講師を務めます。また、本プロジェクトと同様に「データサイエンス力の高い人材育成注意2 」を掲げる総務省統計局も統計学会に協力し、公的統計の利用方法に関する講座を提供します。これにより、これまで大学等を中心に一部の学生しか受講できなかった質の高い統計学の講義を、オンラインで幅広い方が受講できるようになります。

NTTデータは、人材育成・研修事業を手掛けるグループ会社のNTTデータユニバーシティを通じ、2014年12月(予定)から「gacco」のオンライン講座と連携した反転学習型の研修を提供します。オンライン講座で統計学の基礎を学習し、反転学習では、NTTデータが提供する先進的な技術や取り組みのノウハウを集約し、ビジネスとしての活用方法や統計ソフトウエアを使った分析実習を行うことで、実践的な知識習得を可能とします。

これらの取り組みを通じて、NTTデータ、ドコモ、ナレッジ・スクウェアおよび統計学会は、データサイエンティストを育成しビッグデータビジネスを推進するとともに、日本の産業界の発展に寄与してまいります。
なお、詳細は別紙のとおりです。

  • 注意1 Massive Open Online Coursesの略。Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス。2012年より米国を中心として、主要大学および有名教授によるオープンオンライン講座として公開され、世界中から1000万人以上が受講している。
  • 注意2 「経済成長を担う“データサイエンス”力の高い人材育成」(総務省報道資料 2014年5月27日(別ウインドウが開きます)http://www.stat.go.jp/info/guide/public/houdou/pdf/ho140527.pdf

別紙 プロジェクトの概要

(1)プロジェクトの背景・目的

本プロジェクトは、ビッグデータの活用やその有用性に注目が集まるにつれ、急激な高まりを見せているデータサイエンティスト(ビッグデータを収集・加工・分析し、知見を引き出す人材)に対する社会的ニーズに応えるために必要となる統計学の概念および実践的な知識を習得できる研修体系を、産官学で提供するものです。
「gacco」を通じ、統計学講座を誰でも無料で学習できるようにするとともに、反転学習型の研修では、より実践的な知識の習得も可能にすることで、データサイエンティスト育成の社会的基盤を構築します。

(2)各社の役割

統計学会

「gacco」で開講する統計学講座を監修し、講師の選定を行います。これにより、ビジネスや研究で必要とされるデータに基づいた客観的判断能力や科学的に問題を解決する能力の向上を目指します。

ドコモ、ナレッジ・スクウェア

「gacco」において、統計学会が推薦する大学教授陣および総務省統計局による本格的な統計学講座を開講し、多くの方がオープンに受講できるようにするとともに、NTTデータへオンライン講座を提供し、データサイエンティスト育成に向けた研修を実現します。

NTTデータ

「gacco」の統計学講座と自社で培ったビッグデータ関連のノウハウを生かした、反転学習型の研修を、NTTデータユニバーシティを通じて提供します。これにより、ビッグデータ分析の事業活用を目指す企業や組織におけるデータサイエンティストの育成・輩出を支援します。

各社の役割のイメージ図。講師→日本統計学会。講座提供者→NTTドコモ、NTTナレッジ・スクエア。研修提供者→NTTデータ。

(3)講座の内容・提供期間等

gaccoが提供する講座

2014年11月から5週間に渡り、統計学講座「統計学I」を開講します。また、オンライン講座の内容を元に、対面で発展的な講義を行う反転学習(対面講座)の提供も予定しています。
講座は今後も随時追加し、データサイエンティスト育成に必要な統計学の要素を網羅していく予定です。

1オンライン講座

表1 オンライン講座
講座名 概要 講師(所属) 内容 提供開始時期
統計学I
データ分析の基礎
(通常コース)
ビッグデータ時代に必要とされる統計的な考え方やデータの要約と分析の基礎的な手法を学ぶ講座(日本統計学会認定基準準拠)です。 竹村彰通
(東京大学)
導入(統計学とは) 2014年11月
(予定)
下川敏雄
(山梨大学)
質的変数
酒折文武
(中央大学)
量的変数
中山厚穂
(首都大学東京)
相関,時系列
総務省統計局 公的統計の活用とまとめ

2反転学習

表2 反転学習
講座名 概要 講師(所属) 開催場所 提供開始時期
統計学I
データ分析の基礎
(反転学習コース)
通常コースに対面学習を組み合わせたコースです。オンライン講座の内容について、質疑応答およびパソコンを利用した簡単な実習を行います。 竹村彰通
(東京大学)
東京 2014年12月
(予定)
狩野裕
(大阪大学)
大阪
西井龍映
(九州大学)
福岡
NTTデータが提供する研修

上記オンライン講座を用いて、統計学の基礎を学ぶとともに、実データ(あるいは疑似データ)と統計分析ツールを用いた高度な分析演習を行います。これにより、ビジネス的な課題に対する統計手法の活用方法が習得できます。

表3 NTTデータが提供する研修
講座名 概要 講師(所属) 提供開始時期
マーケティングにおけるビジネス・アナリティクス 市場や顧客を理解し、マーケティング・アクションに役立てるための分析方法を学ぶ講座です。マーケティング・データ解析の基礎から発展までを網羅した演習を行います。 中川慶一郎
(NTTデータ数理システム)
2014年12月
(予定)
  • 注意「gacco」は、株式会社NTTドコモの商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ