テスラ社の電気自動車向けM2M通信の提供について

<2014年6月10日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、テスラモーターズ(以下、テスラ)と、同社が2014年夏以降に日本で納車する電気自動車、「モデルS」にdocomo M2Mプラットフォーム及びデータ通信回線を提供する契約を本日締結しました。

モノのインターネット(Internet of Things)の最先端事例である「モデルS」は、標準搭載の先進的な大型17インチディスプレイで、高解像度地図のカーナビゲーションやオンラインミュージックのストリーミングラジオ等の様々な車向け情報通信サービスを実現しており、その通信をドコモがサポートをします。

ドコモがM2Mの通信事業者として選ばれたのは、圧倒的な通信ネットワークの広さや高層ビル群や山間部での通信の安定性、そして法人サポートの充実が高く評価されたためです。またdocomo M2Mプラットフォームが国内外の通信回線の一元管理が可能であることも評価されました。

ドコモは、お客様一人ひとりのスマートライフのパートナーとして、今後も車と通信が融合したITS・テレマティクス分野のビジネスのサポートを通じて、お客様の生活が便利で快適になるように取り組んでまいります。

モデルS 外観の写真
<モデルS 外観>

モデルS 標準装備カーナビゲーションの写真
<モデルS 標準装備カーナビゲーション>

参考 テスラモーターズの概要

(1)会社名 : テスラモーターズ
(2)代表者 : Elon Musk(イーロン マスク)
(3)所在地 : 米国カリフォルニア州 パロアルト
(4)設立時期 : 2003年

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ