iPhone 8、iPhone 8 Plus 予約受付中!今すぐ予約 詳細はこちらiPhone 8、iPhone 8 Plus 予約受付中!今すぐ予約 詳細はこちら

閉じる閉じる

M2M機器向けeSIMの提供を開始

<2014年6月27日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、通信機能を搭載する車両や建設機械等のM2M機器に組み込むSIMカード(以下、SIM)として、ドコモの電話番号だけではなく海外通信事業者の電話番号も書込みが可能になるeSIM注意1 を法人のお客様向けに2014年6月30日(月曜)から日本で初めて提供します。

従来、世界各国でM2M機器を販売する企業が海外通信事業者の回線を利用する場合、機器の製造時に各通信事業者が提供する専用のSIMを組み込む必要がありました。eSIMを導入することで、製造時に1種類のSIMを組み込むだけで、海外通信事業者の電話番号を随時、書き込むことが可能になり、海外展開する企業にとって部品の共通化により、製造及び在庫管理の効率が向上します。またM2M機器を利用する国を変更する場合も、新たに利用する国の電話番号を同一のSIMで利用することも可能となるため、運用の利便性も向上します。

今回提供するeSIMは、「docomo M2Mプラットフォーム」を利用する法人のお客様向けのソリューションとして提供します。なお、eSIMでご利用になる海外通信事業者の回線については、お客様のご要望を伺いながら、順次海外通信事業者との間で協議注意2 を進めて参ります。

M2Mの分野では新しい技術としてeSIMを利用したソリューションが世界的に注目されており、ドコモは業界団体であるGSMA注意3 が2013年12月に公開したeSIM仕様の策定に参画しております。今後もドコモは、先進的なM2Mサービスを提供することにより国内外でM2M事業を展開する企業を支援して参ります。

詳細は別紙のとおりです。

  • 注意1 eSIM(イーシム):Embedded Subscriber Identity Moduleの略。
  • 注意2 回線数、契約条件、国・地域等によっては、eSIMをご利用になれない場合があります。
  • 注意3 GSMA:移動通信分野の世界的な業界団体であり、220カ国800近くの移動通信事業者、および250におよぶ電話機器メーカー、ソフトウェアメーカー、設備業者、インターネットプロバイダー、メディア・エンターテインメント分野事業者など、広範なモバイルエコシステム会社が参加しております。

別紙 eSIMの概要

1. 概要

eSIMを法人のお客様が導入することにより、製造時に1種類のSIMを組み込むだけで、各国の通信事業者の電話番号を随時、書き込むことが可能になります。そのため、単一のeSIMでM2M機器の製造及び在庫の管理ができるため、生産及び管理の効率が向上します。

[従来]輸出国毎に各通信事業者のSIMを組込み製造、輸出国毎に在庫の管理。[eSIM]単一のドコモeSIMを組込み製造、保管。

2. eSIMのご利用条件注意1

(1)eSIMに対応する通信機器が必要です。
(2)ご利用になる国・地域の海外通信事業者の回線の提供を受ける必要があります。ただし、回線数、契約条件、国・地域等によっては、eSIMをご利用になれない場合があります。

3. eSIMの仕様及び外観

ドコモUIM(M2M)バージョン3の外観
型番 : M2M-GD03
形状 : Plug-in
寸法 : 15mm×25mm

ドコモUIM(M2M)バージョン5の外観
型番 : M2M-GD05
形状 : MFF2
寸法 : 6mm×5mm

4. eSIMの提供開始日

2014年6月30日(月曜)

5. eSIMのお問い合わせ先

ドコモの法人営業担当者
ドコモビジネスオンラインURL : http://www.docomo.biz/html/contact/inquiry301.html
メールお問い合わせ窓口 : docomo-m2m-info-ml@nttdocomo.com(クリックするとメールソフトが起動します)
docomo M2Mサイト : (別ウインドウが開きます)www.docomo.biz/html/m2m/

  • 注意1 ご利用条件の詳細は、法人営業担当にお問合せください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ