iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

クラウド内の仮想サーバ間の通信速度を最大6倍に向上

-「OpenStack Neutron」の商用導入に向けた大規模実証実験に成功-

<2014年11月4日>

株式会社NTTドコモ
日本電気株式会社

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と日本電気株式会社(以下、NEC)は、クラウド内の仮想サーバ注意1 間の通信に、オープンソースソフトウェアとパケット通信処理を行うための汎用ハードウェア、NIC(Network Interface Card)を効果的に組み合わせることで、通信速度を従来の最大6倍に向上できることを2014年10月31日(金曜)に実証実験で確認しました。

本実証実験では、クラウド業界で注目度が高い「OpenStack」のネットワーク機能「OpenStack Neutron」のオープンソース実装のみを用いて、100台の物理サーバを用いた大規模な実証実験環境を構成し、異なる物理サーバに搭載された複数の仮想サーバ間で最大16Gbps注意2 の通信速度を達成しました。
また、ドコモとNECは、「OpenStack Neutron」の課題となっていた耐障害性を高めるために、障害発生時にも通信制御を行う機能を冗長化させることにより、通信を継続させる高可用性機能の開発を共同で行いました。今回の通信速度の向上と高可用性機能の実現により、一つのクラウド上で複数の仮想ネットワークを構築し、セキュリティを高めることが可能な「OpenStack Neutron」の機能を商用導入できる水準まで改良することができました。ドコモは2015年度内に今回開発した「OpenStack Neutron」を商用導入し、高速で安定した新しいクラウドサービスを実現して参ります。

今回の実証実験は、石川県にある独立行政法人 情報通信研究機構(以下、NICT)の実験環境、StarBED注意3 上の物理サーバを利用し、NICT、日本仮想化技術株式会社、NTTアドバンステクノロジ株式会社、北陸先端科学技術大学院大学、東京大学、デル株式会社と協力して実施しました。「OpenStack Neutron」の実証実験としては世界最大規模です。
実証実験の結果は、「OpenStack Foundation注意4」が開催する「OpenStack Summit November 2014」で発表します。ドコモとNECは、「OpenStack Foundation」に2012年から参加しており、クラウドの物理サーバ管理技術注意5 等に関して仕様作成及びソースコードの提供をして参りました。両社は今後も積極的に本団体に貢献することを通じて、高速なLTE-Advancedや次世代の5Gネットワークにより普及が加速するモバイル向けクラウドサービスを高度化させ、お客様にとってより安全で快適なサービスを実現します。

実証実験の詳細については、別紙をご覧ください。

  • 注意1 1台の物理サーバを複数台の仮想的なサーバ(仮想サーバ)に分割して利用する仕組み。
  • 注意2 1台の物理サーバ当たりで計測された最大値。
  • 注意3 インターネットの模擬環境で開発技術等を検証するための1000台を超える大規模な基盤(http://starbed.nict.go.jp/)。
  • 注意4 2012年に設立された「OpenStack」の高度化を推進する団体。約850の企業・団体が参加。
  • 注意5 物理サーバをクラウド基盤で制御するための技術(General Bare-Metal Provisioning Framework:現在のIronic)。

別紙 実証実験の概要

1. 実証実験の概要

本実証実験は、NICTのネットワーク実験環境、StarBED上の100台の物理サーバを利用し、NICT、日本仮想化技術株式会社、NTTアドバンステクノロジ株式会社、北陸先端科学技術大学院大学、東京大学、デル株式会社と協力して実施しました。

実施期間:
  • StarBEDでの実験 … 2014年8月25日(月曜)〜2014年9月24日(水曜)
  • 実験結果の検証 … 2014年9月25日(木曜)〜2014年10月31日(金曜)
実験場所:
石川県北陸StarBED技術センター
検証項目:
  • 100台の物理サーバ上で最大5,000台の仮想サーバを運用した場合の安定性の検証。
  • VXLAN注意1 のオフロード機能に対応したNICを利用した場合の通信速度向上度の検証。
  • 仮想サーバ間で合計10Gbps以上の通信速度を実現するためのネットワーク構成の検証。
  • 高可用性機能が複数の仮想的に分離したネットワークで正しく動作することの検証。

画面イメージ:仮想的に分離したネットワークでの実証実験

2. OpenStack Summit November 2014について

開催期間:
2014年11月3日(月曜)〜11月7日(金曜)
開催場所:
フランス、パリ
主催者:
OpenStack Foundation
ドコモとNECの講演日概要:
2014年11月4日(火曜)14:00〜14:40(現地時間)
URL:

https://www.openstack.org/summit/openstack-paris-summit-2014/

主な参加企業:
IBM、Cisco Systems、HP、Mirantis、Redhat、Rackspace、VMWare等
  • 注意1 Virtual eXtensible Local Area Network:RFC7348で規定された異なるネットワーク間で同一の仮想ネットワークを作成する技術。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ