iPhone X 発売中! 詳細はこちらiPhone X 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

国内の通信事業者として初めてVoLTEによる国際ローミングの実証実験に成功

<2015年2月26日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、韓国のKT Corporation(以下、KT社)および米国のVerizon Wireless(以下、ベライゾン社)と協力し、国内の通信事業者として初めて注意1 、日本と韓国および日本と米国間におけるVoLTE(Voice over LTE)の国際ローミング接続の実証実験に成功しました。

今回の実験は、既存のLTEデータローミングサービスのネットワークを、そのままVoLTEに活用することで早期の商用化が見込める「S8HR注意2 」方式という技術を用いて、VoLTEによる高音質通話およびビデオコールの発着信に成功しました。本技術を利用することで、現在ドコモが国内で提供するVoLTEによる高音質通話やビデオコール等のサービスを、海外においても国内同様にご利用いただけます。

KT社との実験では、ネットワーク上で一定の通信速度を保証するQoS注意3 制御技術を利用し、品質保証型の高音質通話およびビデオコールの発着信に世界で初めて成功しました。また、ベライゾン社との実験では、日本と米国間で初めて、長距離間でのVoLTEによる高音質通話に成功しました。

今回の実験は、商用のネットワークと同じ環境で実施しており、「S8HR」方式によるVoLTEの国際ローミング接続が、従来の3Gネットワークを利用したローミング接続と比較して、長距離間であっても、優れた品質でご利用いただけることを確認しました。

ドコモはVoLTEによる国際ローミングサービスを2015年内に提供することを目指し、GSMA注意4 において世界の企業と幅広く連携しながら、VoLTEの国際ローミング接続の普及に貢献してまいります。

  • 注意1 2015年2月26日現在、日本国内における通信事業者として初めて(自社調べ)。
  • 注意2 「S8 Home Routed」の略称。標準化団体3GPPで規定される仕様に基づくVoLTEローミング方式。
  • 注意3 「Quality of Service」の略称。ネットワーク上で、データの種類に応じた優先順位に従ってデータを配信し、一定の通信速度を保証する技術。
  • 注意4 移動通信分野の世界的な業界団体であり、220か国、800近くの移動通信事業者、および250におよぶ電話機器メーカー、ソフトウェアメーカー、設備業者、インターネットプロバイダー、メディア・エンターテインメント分野事業者など、広範なモバイルエコシステム会社が参加しております。

別紙 実証実験の概要

1. 目的

「S8HR」方式という技術を用いたVoLTEローミング接続の実現性および音声品質の検証を目的に、KT社、ベライゾン社と連携し、商用のネットワークと同じ環境での実証実験を実施しました。

2. 内容

(1)KT社との実験内容
ドコモおよびKT社の端末およびネットワーク機器、国際中継網を利用した商用と同じネットワーク環境での実証実験を実施しました。本実験は、KT社のネットワークにローミングする2台のドコモ端末間において、QoS制御技術を利用し、品質保証型の高音質通話およびビデオコールの発着信に成功しました。
また、ドコモのネットワークにローミングする2台のKT社の端末間においても、QoS制御による品質保証型の高音質通話およびビデオコールのローミング接続に成功しました。
(2)ベライゾン社との実験内容
ドコモおよびベライゾン社の端末およびネットワーク機器、国際中継網を利用した商用と同じネットワーク環境での実証実験を実施しました。本実験は、ベライゾン社のネットワークにローミングする2台のドコモ端末間において、高音質通話に成功しました。
また、ドコモのネットワークにローミングする2台のベライゾン社の端末間において、高音質通話のローミング接続に成功しました。

実証実験のイメージ

実証実験のイメージ図

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ