iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

ネットワーク仮想化技術の商用化に向けた開発に着手

-パートナーベンダーとして3社を選定-

<2015年3月2日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、エリクソン、富士通株式会社、日本電気株式会社の3社と協力し、通信混雑時における通信のつながりやすさを向上させるネットワーク仮想化注意1 技術の2016年3月の商用化に向けた開発に着手いたしました。

ネットワーク仮想化技術は、通常特定のハードウェアでしか動作しないソフトウェアを、仮想的なハードウェア上で動作させる技術です。本技術の導入により、災害等を原因とした通信混雑時における通信のつながりやすさの向上や、通信設備故障時における通信サービスの継続提供を可能とします。加えて、新たな通信サービスを迅速に提供できるほか、設備投資の効率化も見込めます。

今回の商用化に向けた開発では、エリクソンが仮想的なハードウェアを制御するシステムを構成し、富士通株式会社注意2 と日本電気株式会社の2社がそれぞれネットワーク仮想化技術を適用したEPC注意3 のソフトウェアを構成することにより、異なるベンダーのソフトウェアと仮想的なハードウェアを組み合わせてシステムを構築します。

システムの構成(イメージ)

システムの構成のイメージ図

ドコモは2016年3月にネットワーク仮想化技術を商用化するとともに、将来的にはネットワーク全体の仮想化を進めてまいります。

また、ドコモが今後めざすネットワーク仮想化技術の将来像について、2015年3月2日(月曜)から3月5日(木曜)まで、スペインのバルセロナにて開催される「Mobile World Congress 2015」にて展示を行います。

ドコモは、「LTE-Advanced」や「5G」等の新たな通信サービスを提供するとともに、お客様がより快適にドコモのネットワークをご利用いただけるよう、今後も研究開発に取り組んでまいります。

  • 注意1 NFV、Network Functions Virtualisation。
  • 注意2 富士通株式会社は、ノキアネットワークスがグローバルに展開する製品をインテグレーションし、EPCのソフトウェアを構成。
  • 注意3 EPCとは、LTEをはじめとした多様な無線アクセスを収容し、お客様の認証や移動しながらもデータ通信が継続するための移動制御、課金機能等を提供する通信設備です。

別紙 各ベンダーからのコメント

エリクソン

エリクソン クラウド&IPビジネス部門担当上席副社長 アンダース・リンドブラード様
「エリクソンはドコモのNFVの商用化に向けた先進的な取り組みに参画できたことを嬉しく思います。クラウドサービスの実行環境とオーケストレーションのためのプラットフォームを提供することによって、ドコモが主導するマルチベンダー構成の仮想ネットワークの実現に貢献します。」

富士通株式会社

富士通株式会社 執行役員常務 大槻 次郎様
「富士通はドコモのネットワーク仮想化技術の実用化に向けた先進的な取り組みに参画できることを嬉しく思います。これまでのモバイルネットワークの商用化を支えてきた技術力を活かし、ドコモおよび各ベンダーとの協力関係を進めます。さらに、国際標準に先鞭をつける仮想化技術の提供により、新時代のモバイルネットワーク実用化に向けて貢献してまいります。」

日本電気株式会社

日本電気株式会社 執行役員常務 手島 俊一郎様
「NECはドコモの先進的なネットワーク仮想化技術開発のパートナーベンダーに選定されたことを嬉しく思います。NECは、ドコモのLTE収容コアネットワークの仮想化の早期実現に尽力するとともに、世界の通信事業者が 仮想化に基づく、よりオープンなモバイルコアのメリットを享受できるよう、高度な通信サービスの実現に一層貢献して参ります。」

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ