報道発表資料

米国預託証券のニューヨーク証券取引所における上場廃止完了について
<2018年4月13日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2018年3月19日(月曜)にニューヨーク証券取引所(以下、「NYSE」)における米国預託証券(以下「ADR」)の上場廃止に関する日程を公表しましたが、2018年4月2日(月曜)(米国時間、以下同じ)に米国証券取引委員会(以下、「SEC」)に対して、NYSE上場廃止及びSEC登録廃止の申請書(Form25)を提出いたしました。今般、予定通り2018年4月13日(金曜)付でNYSE上場廃止が完了し、同日に米国証券取引法に基づく継続開示義務を終了させるための申請書(Form15F)をSECに提出いたしますので、お知らせいたします。

  1. 上場廃止日(米国時間)
    • 2018年4月13日(金曜)
  2. 上場を継続する取引所
    • 東京証券取引所
  3. SECへの登録廃止
    • SECへの登録廃止は、Form25の提出日から90日後の2018年7月1日(日曜)に完了する予定です。
      また、米国証券取引法に基づく継続開示義務は、Form15Fの提出をもって一旦停止し、提出日から90日後の2018年7月12日(木曜)に終了する予定です。
      なお、SECから審査期間の延長・申請却下等の通知があった際には、その後の予定等に変更が生じる場合があります。
  4. 今後の対応
    • ドコモはNYSE上場廃止後も米国におけるADRプログラムを継続する予定であり、引き続き米国の店頭市場においてドコモADRの取引は可能となる見込みです。
      また、SEC登録廃止により、年次報告書(Form20-F)を含む米国証券取引法に基づく開示義務は終了いたしますが、ドコモの財務諸表やその他の情報の英文による開示はドコモホームページ上で継続し、海外の株主及び投資家の皆様に対する適切な情報提供に努めてまいります。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ