報道発表資料

  • +メッセージでシェアする

2021-2022冬春 新商品3機種を開発・発売
<2021年10月6日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、スタンダードモデル1機種、あんしんスマホ・らくらくスマートフォン2機種の計3機種を新たに開発し、2021年12月中旬以降に順次発売いたします。
これにより2021-2022冬春モデルは、発表済みの5機種を含めて、全8機種となり、すべての機種が5Gに対応いたします。

<新商品 3機種>
カテゴリ 機種数 機種名
スタンダードモデル 1機種 Galaxy A22 5G SC-56B
あんしんスマホ・らくらくスマートフォン 2機種 あんしんスマホKY-51B
らくらくスマートフォンF-52B
画像:Galaxy A22 5G SC-56B
Galaxy A22 5G SC-56B
画像:あんしんスマホKY-51B
あんしんスマホKY-51B
画像:らくらくスマートフォンF-52B
らくらくスマートフォンF-52B

また、ドコモはスマートフォンのホーム画面を左右にフリックすることで、素早くInstagramなどのSNSを起動することができるホームアプリ「SNS launcher」の提供を、2021年10月下旬(予定)より開始いたします。スマートフォンなどのホーム画面上において、設定したSNSアプリの新着メッセージが表示されるなど、SNSのスムーズな閲覧や返信が可能となります。Google Playストアにて提供し、ドコモの回線契約をお持ちでないお客さまについても、無料でご利用いただけます。

加えて、今回発表する新商品3機種は、「スグアプ®」のバージョンアップに対応いたします。「スグアプ」は、スマートフォンを振ることで、事前に設定したアプリを起動できるアプリです。今回、アイコン同時表示機能が追加となり、事前に設定した最大5つのアプリについて、クイックなアプリの切り替えが可能となります。

なお、ドコモの Android スマートフォン全46機種は、「AndroidTM 12」に対応いたします1

ドコモは新たな商品やサービスを通じて、お客さまの毎日が楽しく、便利な生活になるよう努めてまいります。

■「2021-2022冬春 新商品ラインアップ」解説動画

  • 各機種の仕様は開発中のため、商用品では変更となる可能性があります。
  • 2021-2022冬春モデルのスマートフォンは、すべての機種について、ahamo契約者もドコモオンラインショップにて予約・購入可能です。
  1. 順次バージョンアップにて対応いたします。

<通信速度について>

  • ご利用のエリアによって最大通信速度は異なります。
  • 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。実効速度について、詳しくはドコモのホームページにてご確認ください。

別紙1 新商品 3機種 発売時期

新商品 3機種 発売時期
機種名 発売時期1
Galaxy A22 5G SC-56B 2021年12月中旬以降
あんしんスマホKY-51B 2022年2月以降
らくらくスマートフォンF-52B 2022年2月以降

<販売チャネル>

全ドコモ取扱店2

事前予約

発売に先立ち、2021年10月6日(水曜)11時より、一部機種の事前予約受付を行います。
詳細はドコモホームページをご確認ください。

■店頭受付

全国のドコモショップ店頭にて予約受付を行います。3

■WEB受付
  1. ドコモホームページ
    商品と受取店舗(ドコモショップ・量販店など)を選んで予約できる「インターネット予約」受付を行います。
  2. ドコモマイショップ
    ドコモマイショップ会員向けに、ドコモマイショップサイトで予約受付を行います。
  3. ドコモオンラインショップ
    ドコモオンラインショップで予約受付を行います。
    • お申込みには、ネットワーク暗証番号もしくは「dアカウント®」によるログインが必要です。ドコモのご契約回線をお持ちでない方も、「dアカウント」の発行により、お申込みが可能です。
    • ご予約順で在庫を確保させていただくため、入荷状況によっては、販売開始日にご購入いただけない場合があります。
    • ドコモオンラインショップで予約受付した商品は、ドコモオンラインショップのみでご購入いただけます。
  1. 記載の発売時期は予定です。正式な販売開始日は別途お知らせいたします。
  2. 発売後、一部商品については納入状況などにより予約受付となる場合があります。
  3. ドコモショップ以外のドコモ取扱店における予約受付の実施有無および受付開始日などは店舗により異なります。

別紙2 2021-2022冬春 主な特長

1. 主な特長 (新商品 3機種)

■スタンダードモデル
機種名 特長
Galaxy A22 5G SC-56B
  • 電話やメール、カメラなど基本機能が充実しており、おサイフにもやさしい5Gスマホ。
  • 4000mAhの電池容量と、防水・防塵1、FMラジオ2もついているのであんしん。
  • 電話(無料)3で聞くことができるGalaxy使い方相談4やガイドブック5で、操作方法のサポートがしっかり受けられる。
■あんしんスマホ・らくらくスマートフォン
機種名 特長
あんしんスマホKY-51B
  • 電話、メールのボタンが配置されていることで、初心者でも操作がかんたん。シンプルな画面で見やすい。
  • 使い方ナビ6やガイドブック5など、あんしんのサポートが受けられるので、スマホの活用シーンが広がる。
  • 4500mAhの電池容量で長持ち。基本性能7で写真がキレイに撮影可能でき、スマホをたっぷり楽しめる。
らくらくスマートフォンF-52B
  • らくらくスマートフォン F-42Aと比較し、画面サイズを4.7インチから5.0インチに拡大することで、見やすさを追求。らくらくスマートフォンのUI、らくらくタッチ機能、持ちやすさなど、操作性も変わらない操作性。
  • 不明な点はガイド本5やアプリ8、さらに専用電話9でのあんしんサポートが受けられる。
  • らくらくスマートフォンシリーズ初のAI自動シーン認識機能と2眼カメラの搭載で、あらゆるシーンがキレイに撮影可能。

<通信速度について>

  • ご利用のエリアによって最大通信速度は異なります。
  • 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。実効速度について、詳しくはドコモのホームページにてご確認ください。
  1. 防水性能IPX5/8に対応。ご使用の際はキャップ(外部接続端子カバー)が確実に閉じているかご確認ください。防水性能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換をおすすめします(有料)。
    IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から1分あたり12.5リットルの水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
    IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
    防塵(ぼうじん)性能IP6Xに対応。IP6Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出した時に、内部に塵埃(じんあい)が侵入しない機能を有することを意味します。
  2. FMラジオのご利用にはイヤホンケーブル(別売)が必要です。
  3. フリーダイヤルのため通話料は無料となります。
  4. かんたんモード設定時にご利用いただけます。受付時間はGalaxy公式Webサイトをご確認ください。
  5. 在庫がなくなり次第、配布終了となります。
  6. 別途通信料がかかります。
  7. 初期設定は、約1200万画素です。約4800万画素の写真を撮るためには、設定の変更が必要です。
  8. 一部サポート機能は通信料のかかるものがございます。
  9. 専用電話:らくらくホンセンター(通話料、利用料無料)15777(ドコモの携帯電話から)

2. SNS launcher

スマートフォンのホーム画面を左右にフリックするだけで、SNSを素早く起動でき、ホーム画面上でSNSアプリの新着メッセージを確認できるなど、SNSのスムーズな閲覧や返信が可能です。また、壁紙が映えるすっきりしたレイアウトが特長です。

■提供開始日:2021年10月下旬(予定)

画像:SNS launcher画像:SNS launcher

3. 「スグアプ」機能バージョンアップ

「スグアプ」は、スマートフォンを振ることで、事前に設定したアプリを起動できるアプリです。今回、アイコン同時表示機能が追加となり、事前に設定した最大5つのアプリについて、クイックなアプリの切り替えが可能となります。
例えば、レジ前において、「d払い®」などの決済アプリと、飲食店や書店などのポイントカードアプリを同時にご利用になりたい場合、それぞれのアプリを探すことなく提示することが可能となります。お客さまがよく利用するアプリを事前に登録することで、すぐにアプリを切り替えることができます。

画像:「スグアプ」機能バージョンアップ画像:「スグアプ」機能バージョンアップ

4. 「AndroidTM 12」に対応

Android の最新OS、「Android 12」に対応いたします。発売済みの機種を含め、ドコモの Android スマートフォン全46機種が対象となり、順次バージョンアップいたします。
「Android 12」では、プライバシーが強化・UIがリニューアルされ、「スクロールスクリーンショット」などの新しい機能も追加されます。

  1. 追加される主な機能
    • カメラ、マイク使用中にアイコンが表示され、カメラ、マイクを使用していることが一目で分かるように なります。
    • クイック設定パネルや通知がリニューアルされ、使いやすくなります。
    • 「スクロールスクリーンショット」で好みの範囲のスクリーンショットを撮れるようになります。

    「Android 12」の詳細については、専用サイトをご確認ください。
    URL:https://www.nttdocomo.co.jp/support/android_os_update/android_12.html

  2. 対応機種
    ドコモからのお知らせをご確認ください。
    URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/211006_00.html

5. Galaxy A22 5Gらくらくスマートフォン向け ドコモオリジナル 日比谷花壇コラボスマホケースを用意

これまで、らくらくスマートフォン向けにご用意してきた日比谷花壇さまとのコラボスマホケースについて、お客さまからの声にお応えし、デザイン・色を刷新のうえ、対応機種を拡大いたしました。
加えて、今後は日比谷花壇のお花をおトクに楽しめる購入者限定特典をご用意する予定です。
(詳細は日比谷花壇さまのサイトにてリリース予定)

  1. デザイン
    日比谷花壇コラボスマホケース
  2. 対象機種
    Galaxy A22 5G SC-56B
    らくらくスマートフォンF-52B

6. ドコモオンラインショップ限定カラーの取り組み

「AQUOS sense6 SH-54B<ブルーメタリック>」、「arrows We F-51B<レッド>」については、ドコモオンラインショップ限定カラーとなります。ご購入いただいた機種代金の1%相当を、新型コロナウイルス感染症対応や、いのちを救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付いたします1
なお、この取り組みはシャープ株式会社、FCNT株式会社およびドコモとの協同で寄付を行います。

画像:ドコモオンラインショップ限定カラーの取り組み画像:ドコモオンラインショップ限定カラーの取り組み
  1. 2022年2月28日(月曜)までにご購入いただいた機種を寄付の対象とさせていただきます。

別紙3 主なスペック一覧表

PDF2021-2022冬春 新商品3機種を開発・発売 主なスペック一覧表(PDF形式:166KB)

参考 2021-2022冬春モデルラインアップ

2021-2022冬春モデルラインアップ
種別 端末名 発売日
ハイスペックモデル Galaxy Z Flip3 5G SC-54B 2021年10月6日(水曜)
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B 2021年10月6日(水曜)
Xperia 5 III SO-53B 2021年11月中旬以降
スタンダードモデル AQUOS sense6 SH-54B 2021年11月中旬以降
arrows We F-51B 2021年12月上旬以降
Galaxy A22 5G SC-56B 2021年12月中旬以降
あんしんスマホ・らくらくスマートフォン あんしんスマホKY-51B 2022年2月以降
らくらくスマートフォン F-52B 2022年2月以降
NEW! 2021-2022 docomo collection あなたの、5G5G NTT docomo NEW! 2021 docomo collection

  • 「Xperia」は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
  • 「Galaxy」はSamsung Electronics Co.,Ltd. の商標または登録商標です。
  • 「Instagram」は、Instagram, Inc.の商標または登録商標です。
  • 「Google Play」「Android」は、Google LLC の商標です。
  • 「らくらくスマートフォン」「らくらくタッチ」は、FCNT株式会社の登録商標です。
  • 「スグアプ」「dアカウント」「d払い」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ