中国向けベンチャーファンドに出資

<2007年5月15日>

NTTドコモは、中国企業を対象とした投資運用会社Gobi Partners, Inc.(代表者:Thomas G Tsao〔トーマス・ジー・ツァオ〕他2名、英領バージン諸島法人、以下Gobi Partners)が設立した、中国のデジタルメディア技術関連分野のベンチャー企業を投資対象とするベンチャーキャピタルファンドGobi Fund II, L.P.(代表者:Thomas G Tsao他2名、英領ケイマン諸島法人、以下Gobi Fund II)に1千万米ドル(約12億円注意1)出資することを決定し、出資参加契約をGobi Fund IIと本日締結いたしました。Gobi Fund IIは今月から中国国内のベンチャー企業向けの投資活動を開始する予定です。
NTTドコモは本ファンドへの出資を通じて、広く中国の移動通信周辺ベンチャー企業との関係構築を目指します。

なお、出資の概要については、以下のとおりです。

  • 注意1 1ドル=119.8円(2007年4月末時点)で計算。

出資の概要

出資参加契約締結の目的

成長余力の大きい中国の移動通信周辺産業分野への投資を通じて相応のリターンの獲得を目指すとともに、同分野での有力企業との協業の可能性を追求すること。

出資内容

  1. 出資額

    1千万米ドル(約12億円)

  2. 払込時期

    未定(ファンドに必要な資金を払込通知にもとづき払込)

  3. 出資形態

    NTTドコモなどの出資企業は、Gobi Fund IIへ出資。ファンド運営会社であるGobi Partnersが投資運用。(下図参照)

出資形態図

[参考]

ファンドの概要

ファンド名 Gobi Fund II, L.P.
代表 Thomas G Tsao(トーマス・ジー・ツァオ)
Wai Kit Lau(ワイ・キット・ラウ)
Lawrence Tse(ローレンス・ツェ) 以上3名
所在地 英領ケイマン諸島
募集金額 1億2千万米ドル(約144億円:予定)
主要出資者 NTTドコモ他
運用者 Gobi Partners, Inc.
運用期間 10年
投資対象分野 デジタルメディア技術関連分野
主要投資対象国 中華人民共和国

運用会社の概要

会社名 Gobi Partners, Inc.
代表 Thomas G Tsao(トーマス・ジー・ツァオ)
Wai Kit Lau(ワイ・キット・ラウ)
Lawrence Tse(ローレンス・ツェ) 以上3名
所在地 英領バージン諸島
中国国内事務所 上海
設立時期 2002年1月

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ