後払い電子マネー「iD」の仕組みを活用した新たなサービスを提供

-「iD」でポイントプログラムなどの会員サービスが手軽に導入可能に-

<2008年2月6日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、後払い電子マネー「iDTM(アイディ)」の加盟店向けに、「iD」の仕組みを活用して、加盟店独自のポイントプログラムや会員証などのサービスを手軽に提供できる新たなサービスを、2008年2月7日(木曜)より開始いたします。

本サービスは、おサイフケータイ®などに搭載されたICチップ内の「iD」エリア注意1 に、加盟店独自の会員情報を書き込んだカード情報を利用したり、新たに「iD」と同様のエリアを追加することにより、加盟店独自のポイントプログラムや本人認証(会員認証、入退室管理)を手軽に導入することを可能とします。

従来、加盟店が独自のポイントサービスや本人認証、CRMなどを展開する場合、POS端末への機能搭載や専用端末などを独自に設計し導入する必要がありましたが、本サービスを利用することで、「iD」の機能やリーダ/ライタを活用できるなど、加盟店は多大なコストや稼動をかけずに、新たな会員の獲得、購入機会の増大、リピーター効果などが期待できます。

これにより、加盟店の会員注意2 は、決済とは別に会員証を提示していた手間が省け、おサイフケータイなどをリーダ/ライタにかざすだけで加盟店が提供する会員サービスを受けることができるようになります。

ドコモは今後も、後払い電子マネー「iD」の様々な機能追加を進めることで、「iD」の利用者および加盟店における利用価値を高め、更なる普及を目指してまいります。

なお、サービス提供の仕組み、および利用イメージは以下のとおりです。

  • 注意1 「iD」のカード情報を書き込んだICチップ内の領域です。
  • 注意2 加盟店は、「iD」契約者はもちろん「iD」を契約されていない方にも本サービスを提供することが可能です。

サービス提供の仕組み

おサイフケータイなどに搭載されたICチップ内の「iD」エリアに加盟店独自の会員情報を書き込んだカード情報や、新たに「iD」と同様のエリアを追加することにより、会員認証などを行います。

【「iD」エリアに加盟店独自の会員情報を搭載注意1 】(「iD」のエリアを活用)
イメージ図

【新たに「iD」と同様エリアを追加する注意2 】(「iD」のフォーマットを活用)
イメージ図

  • 注意1 iDを発行するカード会社と加盟店との提携カードとして発行することが可能です。
  • 注意2 加盟店は、「iD」契約者はもちろん「iD」を契約されていない方にも本サービスを提供することが可能です。

本サービスの利用イメージ

『「iD」エリアに加盟店独自の会員情報を搭載した場合』の利用イメージ

加盟店は、お客様(加盟店の会員)がおサイフケータイなどを「iD」のリーダ/ライタにかざすだけで、「iD」による決済サービスと加盟店独自のポイントプログラムなどを同時に提供することが可能となります。これにより、会員証を提示していただく手間が省け、レジでの応対時間が短縮します。

イメージ図

『新たに「iD」と同様のエリアを追加して活用した場合』の利用イメージ

加盟店は、お客様(加盟店の会員)が「iD」の契約・利用の有無に関わらず、おサイフケータイなどを「iD」のリーダ/ライタにかざすだけで、自店舗の会員かどうかを識別(認証)することが可能となります。これにより、加盟店独自の会員サービスを提供することができるようになります。

イメージ図

  • 注意「おサイフケータイ」「iD」は、NTTドコモの商標または登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ