iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 発売中!詳細はこちらiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 発売中!詳細はこちら

閉じる閉じる

後払い電子マネー「iD」の会員数が全国で1,000万を突破

<2009年1月7日>

NTTドコモ(以下ドコモ)の提供する、後払い電子マネー「iDTM」の会員数が2008年12月末に全国で1,000万を突破いたしました。

「iD」の会員数は、2005年12月にサービス開始後、2006年10月に100万、2007年11月に500万を突破し、約3年で1,000万会員に達したことになります。

この急速な普及の背景には、対応機種および対応カードの充実と利用シーンの拡大があります。
「iD」をご利用いただけるおサイフケータイ®の契約数は3,000万契約を超え、ドコモの契約者のうち約6割のお客様におサイフケータイをご利用いただいております。また、2008年11月より販売開始した新たな端末シリーズにおいても、おサイフケータイ全機種に対応アプリを標準搭載しており、幅広いラインナップに対応しております。
「iD」には、DCMXを発行するドコモ、三井住友カード株式会社(以下三井住友カード)をはじめとするVJAグループの各カード会社、イオンクレジットサービス株式会社(以下イオンクレジット)、株式会社クレディセゾン(以下クレディセゾン)、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社ライフ、株式会社セントラルファイナンス、ファミマクレジット株式会社、大和ハウスフィナンシャル株式会社の合計68社のカード会社が対応しております。
また、カード会社によっては、おサイフケータイに加えて「クレジットカード一体型」「iD専用カード」も発行しており、お客様の様々なニーズにお応えしております。

利用シーンについても、三井住友カードやイオンクレジット、ユーシーカード株式会社、クレディセゾン、楽天KC株式会社による加盟店開拓によりiD対応決済端末数は全国で約39万台となりました。身近な場所に利用できる環境が広がっており、コンビニエンスストアでは2006年にam/pm、2007年にローソン、ファミリーマート、2008年にサークルKサンクスに導入されました。また、同年には全国のイオンの店舗へのiD導入が開始され、マクドナルド全店への導入も順次始まっています。他にも、コカ・コーラなどの自動販売機、タクシー、家電量販店など生活のあらゆる場面でご利用いただけるようになっています。また、ネットショッピングにおきましても2007年7月よりiDがご利用いただけるようになり、海外でも2008年7月よりグアム、8月に中国(上海)でもご利用いただけるようになりました。

ドコモは今後も、後払い電子マネー「iD」の普及を進めることで、加盟店における「iD」利用者の便利な生活シーンを創造してまいります。

iD会員数と対応決済端末台数の推移

iD会員数と対応決済端末台数の推移グラフ

  • 注意「iD」「おサイフケータイ」は、NTTドコモの商標または登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ