環境センサーネットワーク事業の推進について

<2009年11月25日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、花粉の飛散量、二酸化炭素の濃度、紫外線の照度や気象情報などの大気情報を自動測定・蓄積する「環境センサーネットワークシステム」について、2009年12月21日より試験運用を開始します。

環境センサーネットワーク事業では、同システムにより測定・蓄積したデータを「BtoBtoCモデル」にてコンシューマの方々に情報配信を行う事業者へ広く提供いたします。また製薬会社、医療機関などを対象とした「BtoBモデル」や自治体などを対象とした「BtoGモデル」での提供販売もあわせて行う予定です。

ドコモは、2009年12月に関東・静岡で300箇所に観測拠点を構築し、試験運用を経た後、2010年1月に商用サービスの一つとして花粉の飛散量に関するデータ提供事業を開始する予定です。なお2010年度で全国2,500箇所に、将来的には9,000箇所にわたり、同システムの観測拠点を構築します。
また、同システムの拡大にあわせ、技術パートナーの方々との提携を推進し、様々な環境情報について提供して参ります。

ドコモは、社会の持続的成長に向けて、環境・エコロジー、安心・安全、健康管理などの分野で事業を展開し、新しい領域での価値創造を目指します。

環境センサーネットワーク事業概要

事業開始時期

試験運用開始 : 2009年12月21日(月曜)
商用運用・データ提供事業開始 : 2010年1月(予定)

測定エリア

2009年12月 : 関東・静岡300箇所
2010年度 : 全国2,500箇所
(将来的に全国9,000箇所に拡大予定)

測定内容

花粉の飛散量
(順次、二酸化炭素濃度・紫外線照度や気温、降水量などの気象情報に拡大予定)

事業イメージ

イメージ画像

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ