iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


FOMA(R)サービスの端末開発投資の追加

<2003年4月23日>

 NTTドコモは、FOMAサービス対応端末の早期立ち上げと普及促進を狙いとして、昨年度より行ってまいりましたFOMAサービス対応端末の開発会社に対して弊社が想定する期間内での開発完了を前提とした端末開発投資の追加を行います。
 NTTドコモは、本端末開発投資によりFOMAサービス対応端末における待ち受け時間等の基本性能の向上及びアプリケーション機能の向上を図れる上に、各社の端末設計に関する技術、ノウハウ等の権利を共有することが可能となります。また、端末開発会社が他携帯電話事業者向けにFOMAサービス対応端末に相当する端末を販売する場合には、端末開発投資相応のロイヤルティ収入が得られることとなります。
 今回は、シャープ株式会社が開発するFOMAサービス対応端末に対して端末開発投資の追加を行います。これにより、シャープ株式会社、日本電気株式会社、パナソニック モバイル コミュニケーションズ株式会社、富士通株式会社、三菱電機株式会社の5社に対して2年間(2002年度及び2003年度)で総額約420億円の端末開発投資となります。
 今後ともNTTドコモは、国内外における第3世代移動通信サービスをはじめ、モバイルマルチメディアサービスを進展させるべく、更なる移動体通信技術分野の開発・検討を進めてまいります。


注意「FOMA/フォーマ」はNTTドコモの登録商標です。


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ