iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


新たな迷惑メール対策を実施

<2003年8月21日>

 NTTドコモ及びNTTドコモグループ8社は、iモード(R)から送信される迷惑メールに対する対策を強化し、iモードにおけるメール送信可能回数に上限を設定し、1日あたり1,000回未満とすることについて、本日、総務大臣に届出を行いました。
 本対策は、iモードを利用して迷惑メールを送信している業者の多くは、1日に大量の迷惑メールを送信していることから、1日あたりのiモードメール送信可能数に上限を設定することで、iモードを利用して迷惑メールが送信されることを防止するために実施するものです。

 弊社は、これまでも、迷惑メール対策としてiモードから迷惑メールを送信する契約者に対して、「パケット通信サービス契約約款」または「FOMAサービス契約約款」にもとづき、その契約者名義の全ての回線について、利用停止等を実施しておりますが、今回の新たな対策の実施により、iモードから送信される迷惑メールの更なる減少が期待されます。
 なお、2003年8月19日現在、iモードを利用して迷惑メールを送信する契約者に対して、全国で602回線の利用停止を実施しております。

 弊社は、今後も迷惑メールの根絶と快適かつ安心して、モバイル・インターネット・サービスをご利用いただける環境の整備を推進してまいります。

○iモードメールの送信回数制限開始日:2003年10月20日(月曜日)

注意「iモード」はNTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ