コンパクトフラッシュ(R)カード型FOMA(R)「P2402」を発売

<2003年11月25日>

  NTTドコモは、コンパクトフラッシュカード(以下 CFカード)型FOMA端末「P2402」を発売いたします。

1.主な特長
  1. PCを使用することでテレビ電話対応FOMA、PHSビジュアルホン
    Lookwalk(R) P751v及びP−in FreeTMシリーズ、ISDNテレビ電話対応端末とテレビ電話を行うことが可能。注意

  2. FOMA初のCFカードタイプであり、シグマリオン(R)スリーなどのPDAのスロットに挿入し利用可能。また、付属のアダプタに接続することで、CFスロットの無いPCでも利用可能。

  3. 受信最大384kbpsの高速パケット通信及び、64Kデータ通信が可能。

2.販売開始日:2003年11月28日(金曜日)


  なお、概要は以下のとおりです。

注意
市販のUSB対応Webカメラとヘッドセットが別途必要となります。またテレビ電話のみご利用頂くことが可能です。

(注) 「コンパクトフラッシュ」は米国SanDisk社の登録商標です。
「FOMA/フォーマ」「sigmarion/シグマリオン」「Lookwalk/ルックウォーク」「P−in Free/ピー・イン フリー」はNTTドコモの商標または登録商標です。



FOMA「P2402」の概要



1.主な仕様

サイズ 幅約42.8mm×高さ約5mm(一部約9.5mm)×奥行約65mm
質 量 約25g
本体動作環境 Windows(R)98、Windows98SE、WindowsMe、Windows2000 Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Professional、Windows CE 3.0、Windows CE .NET (全て日本語版のみ 一部機種を除く)
注意P2402が動作するPDAについては別途ホームページでご案内予定
通信速度 パケット通信:送信最大64kbps/受信最大384kbps
64Kデータ通信:送信/受信64kbps
テレビ電話通信:送信/受信64kbpsまたは32kbps
電源 電源電圧 DC3.3ボルト/5.0ボルト(パソコン/PDAカードスロットより供給)
通信時最大消費電力 約2.0ワット
通信時平均消費電力 約1.0ワット
待受時平均消費電力 約60ミリワット(常時通信設定のとき)
注意但し、使用状況により消費電力値の変動があります。
テレビ電話ソフト動作環境 PC:Windows XP/2000が動作するPC/AT互換機でPCMCIAスロットおよびCFカードスロットを有するもの
OS:Windows XP、Windows 2000
CPU:Pentium スリー800MHz以上 (Pentiumスリー 1GHz以上推奨)
メモリ:256MB以上 (384MB以上推奨)
画面解像度:800×600pixel以上
グラフィック:ビデオメモリ16MB以上搭載し、DirectX8.1以上対応のグラフィックビデオアクセラレータ搭載機種
映像キャプチャ装置:800×600dot以上のDirectX8.1以上対応表示機器であること。
音声再生/キャプチャ装置:DirectX8.1以上対応機器(Sound Blaster 互換サウンド機能)
DirectX:DirectX8.1以上が動作すること
その他 同梱のP2402ユーティリティソフトにより、デュアルネットワークの切り替えが可能。
注意 「Windows」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
テレビ電話ソフトはNTTドコモが、米国パケットビデオ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンディエゴ市、CEO: James Brailean)と共同で開発したソフトウェアコーデックを使用。



2.販売方法

全ドコモの取扱店及びインターネットサイト注意にて販売
注意http://www.foma-datacard.com



3.販売価格

本体:オープン価格
オプション品(同梱品):PCカードアダプタP01・・・2,600円(税別)


FOMA P2402の写真
FOMA P2402

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ