組織の変更

<2004年2月25日>

  NTTドコモは、研究開発活動に関して、ネットワークへのIP技術の適用を迅速に進めるため、研究開発本部の一部について2004年3月1日付で組織変更を実施いたします。


  なお、概要は以下のとおりです。




組織変更の概要



1. 概要・目的

 研究開発本部ではこれまで第3世代移動通信サービスの実現を目指し研究開発を進めてまいりましたが、IP技術を活用した研究開発への更なるシフトを目的として、各部署の役割の明確化を図ります。

 ついてはIP技術を利用した無線ネットワークの開発業務を集約するために「IP無線ネットワーク開発部」を、またIP技術を利用した基幹ネットワークの開発業務を集約するために「IPコアネットワーク開発部」をそれぞれ新設することといたします。
また、現行の無線ネットワークの開発業務を行う部署として「無線システム開発部」を、現行の基幹ネットワークの開発業務を行う部署として「ネットワークシステム開発部」をそれぞれ新設いたします。

 尚、上記部署の新設及び業務の集約に伴い、現行の「コアネットワーク開発部」「無線ネットワーク開発部」「マルチメディア開発部」「無線リンク開発部」の4つの部署が廃止となります。


2. 変更後の研究開発本部の組織規模

研究開発企画部:約40名
ネットワーク研究所:約60名
ワイヤレス研究所:約60名
マルチメディア研究所:約40名
ネットワークマネジメント開発部:約80名
IPコアネットワーク開発部:約90名
IP無線ネットワーク開発部:約90名
移動機開発部:約170名
ネットワークシステム開発部:約120名
無線システム開発部:約110名
グローバルネットワーク開発部:約50名
R&D総務部:約20名






報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ