ロゴ

サークルKサンクス全店舗における電子マネーの導入等に関する基本合意書を締結-全国のサークルK・サンクスで、おサイフケータイTMが利用可能に-

<2004年10月28日>


株式会社サークルKサンクス
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

  株式会社サークルKサンクス(以下サークルKサンクス、代表取締役社長:土方  清)とNTTドコモは、現在サークルKサンクスが東海4県(愛知・三重・岐阜・静岡)と北海道(道央・道南地区)で展開している電子マネー「Edy」機能搭載の会員向けカードサービス「KARUWAZA CLUB」をドコモのおサイフケータイでも利用できるよう、両社で共同検討を行うことに関して、本日基本合意書を締結いたしました。

  また、今回の基本合意において、サークルKサンクスが電子マネー「Edy」を全国のサークルKサンクス店舗に拡大展開する際のリーダーライターの設置費用等を含めたサービスインフラ整備についても、両社で検討を進めてまいります。

  これまでもサークルKサンクスとドコモでは、おサイフケータイを活用した新しい顧客サービスについて検討を重ねてまいりましたが、今般サークルKサンクスが電子マネー「Edy」を、来年4月を目途に全国6,255店舗(36都道府県:9月末現在)に拡大展開する決定をしたことを受け、両社で基本合意書を締結することとなりました。これにより、サークルKサンクスではスピーディなサービスの全国展開と「KARUWAZA  CLUB」会員組織の更なる拡大を、またドコモではおサイフケータイの利用場所、利用シーンの拡大によるユーザーの利便性向上を図ります。

  今後、「KARUWAZA CLUB」をおサイフケータイに対応させることによって、サークルKサンクス店頭における電子マネー「Edy」の利用のほか、iモード(R)サービスを利用した残高・利用履歴の照会やポイントの確認も可能となります。今回の基本合意書の締結を契機として、さらに両社の協議・検討を推し進め、全国のサークルKサンクス店舗におけるお客様の利便性向上を目指してまいります。


注意 「iモード」「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標もしくは商標です。
注意 「Edy(エディ)」はビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ