第三期米国アドバイザリーボードを設置

<2004年12月9日>

  NTTドコモ(以下ドコモ)は、米国の各界有識者の方々から当社の経営全般について、ご意見、ご提案をいただく場として、「アドバイザリーボード」を設置しておりますが、第一期(2000年〜2002年)、第二期(2002年〜2004年)に引き続き、第三期米国アドバイザリーボードを設置いたします。
 第三期米国アドバイザリーボードでは、毎回参加いただく固定メンバーに加え、各回の議題について、専門的なご意見をいただくため、その分野の専門家をゲストメンバーにお招きし、さらに有意義な議論を目指します。


  なお、概要は以下のとおりです。



第三期米国アドバイザリーボードの概要



1.米国アドバイザリーボードの設置目的

ドコモは、生活・ビジネスに密着したサービスによりお客様の利便向上を図るとともに、良き企業市民として社会に対する責任を果たし、新しいコミュニケーション文化を創造する企業として、持続的に発展し社会とともに成長するためには、グローバルかつ幅広い視点からの経営判断が不可欠と考えております。このため、第一期、第二期に引き続き、米国の各界有識者からなる第三期米国アドバイザリーボードを設置し、そこでいただく様々なご意見、ご提案を今後の事業運営に反映してまいります。


2.設立時期

  1. 設置時期
    2004年12月15日(米国時間)

  2. 設置期間
    2年間

  3. 開催予定
    年2回(予定)


3.アドバイザリーボードメンバー

  1. アドバイザリーボードメンバー
    アドバイザリーボードメンバー 役職
    C. Fred Bergsten
    (フレッド・バーグステン氏)
    -Founder & Director, Institute for International Economics (IIE)
    J. Gregory Sidak
    (グレゴリー・サイダック氏)
    -Resident Scholar, American Enterprise Institute (AEI)
    Raymond W. Smith
    (レイモンド・スミス氏)
    -Founding Partner, Arlington Capital Partners
    -[Chairman & CEO, Bell Atlantic (’89-’98)]

  2. ゲストメンバー
    上記アドバイザリーボードメンバーに加え、各回の議題について、より専門的なご意見をいただくため、その分野の専門家をゲストメンバーとして各回1〜2名お招きします。
    なお、最新のモバイル技術動向を議題の一つとして実施する初回会議のゲストメンバーは以下のとおりです。
     
    ゲストメンバー 役職
    Andrew J. Cole
    (アンドリュー・コール氏)
    -Vice President & Wireless Practice Leader, AT Kearney, Inc.



報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ