中国でのデジタルメディア事業を展開する企業への出資について

<2004年12月27日>
  NTTドコモは、中国におけるデジタルメディア事業を展開するBeijing Eastlong Technology Development Co., Ltd.(Chairman of Board:賈 裴軍〔ジァ・ペイジュン〕、本社:中国北京市、以下Eastlong Technology社)を所有する持株会社Digital Media Group Co., Ltd.(CEO:林 紳龍〔リム・シェンロン〕、本社:英領バージン諸島、本拠地:中国北京市、以下DMG社)に4.2百万米ドル注意出資することを本日決定しました。
  DMG社は、子会社であるEastlong Technology社を通じ上海地下鉄構内および車内のデジタル広告配信等を手がけており、今後中国各地の地下鉄等各種交通機関への展開を計画しております。
  NTTドコモはDMG社への出資を通じ、デジタルメディアとワイヤレス技術の連動を始めとした中国のワイヤレス関連事業への参画を目指します。

  なお、出資の概要については、以下のとおりです。



注意  約4.3億円(1ドル=103.18円換算)



出資の概要



1. 新株引受契約締結の目的


中国でのデジタルメディア事業の展開。

2. 出資額及び払込予定時期

  • 出資額

  • 4.2百万米ドル

  • 払込予定時期

  • 2005年1月

3. NTTドコモとDMG社およびEastlong Technology社との関係


関係図



参考


Digital Media Group Co., Ltd. の概要



社名 Digital Media Group Company Limited(デジタル・メディア・グループ)
社長 林 紳龍(リム・シェンロン)
所在地 英領バージン諸島
設立時期 2003年5月
事業内容     中国におけるデジタルメディア事業を手がける中国企業Beijing Eastlong Technology Development Co., Ltd. の持株会社



Beijing Eastlong Technology Development Co., Ltd. の概要



社名 Beijing Eastlong Technology Development Company Limited(ベイジン・イーストロン・テクノロジ・デベロップメント)
中国語表記:北京東方英龍科技発展公司
会長 賈 裴軍(ジァ・ペイジュン)
所在地 中国北京市
設立時期 2001年12月
主な事業内容     中国におけるデジタルメディア事業


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ