ロゴ

シンガポールスターハブ社とのiモード(R)に関する提携について

<2005年1月31日>
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
StarHub Ltd.


  NTTドコモとStarHub Ltd.社(President & CEO:Terry Clontz、本社:シンガポール、以下スターハブ社)の2社は、iモードサービスをシンガポールで開始するため、提携を行うことについて合意し、本日iモードライセンス契約を締結いたしました。
  本ライセンス契約により、NTTドコモはスターハブ社に対しシンガポールにおいてiモードサービスを展開するために必要なノウハウ、関連技術及び特許等を提供し、スターハブ社は2005年末までにiモードサービスを開始する予定です。

  なお、詳細は以下のとおりです。



注意  「iモード」はNTTドコモの登録商標です。



スターハブ社とのライセンス契約の内容



1. 概要


スターハブ社がGPRSネットワーク及び3Gネットワーク(W-CDMA技術に基づいた第3世代移動通信システム)上でiモードサービスを展開するために必要なノウハウ、関連技術及び特許を提供する。

2. サービス開始時期及びサービス提供エリア

  • サービス開始時期(予定)

  • 2005年末までに開始
  • サービス提供エリア

  • シンガポール国内のスターハブ社サービス提供エリア


参考


スターハブ社の会社概要


シンガポールの固定・国際電話、CATV事業会社。100%子会社のStarHub Mobile Pte Ltd.を通じて、シンガポールにて携帯電話事業(国内第3位)を展開しており、契約者総数約108万人。

設立時期 1998年5月
本社所在地  シンガポール
代表者 Terry Clontz (テリー・クロンツ)
業績 2003年度売上 6.6億アメリカドル(約699億円)
株主構成 ST Telemedia(49.7%)
Media Corp.(13.72%)
NTTコミュニケーションズ(10.3%)



海外におけるiモード展開状況


現在、海外においてiモードは、E-Plus社、KPN Mobile社、BASE社、Bouygues Telecom社、Telefonica Moviles Espana社、Far EasTone Telecommunications社、WIND社、COSMOTE社、Telstra社の計9社がNTTドコモからのiモードライセンス供与を受け商用サービスを開始しております。
現在、2005年中の商用サービス開始に向け準備中のオペレータは、Cellcom社、mmO2社、MTS社です。
スターハブ社との契約によりiモードは日本を含む世界14オペレータにより22の国と地域にて展開されることとなります。



報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ