ビジネスコンシューマ向けFOMA®端末「M1000」を開発

<2005年4月14日>

NTTドコモグループ9社は、ビジネスコンシューマ向けFOMA端末「M1000」を開発いたしました。

「FOMA M1000」の主な特長

  1. POP及びIMAPメールに対応しており、複数のメールアドレスの登録が可能。また、Microsoft® Word、Microsoft® Excel、Microsoft® PowerPoint、PDF等のファイル閲覧機能を搭載し、電子メールの添付ファイルについても閲覧が可能。さらに「mopera UTM」スタンダードプランを利用して添付付きメールを自動受信することも可能注意1
  2. 一般インターネットサイトへのアクセスを可能とするインターネットブラウザ「Opera7.5」を搭載しており、mopera U 等のISP(インターネット・サービス・プロバイダ)を経由したインターネットサービスのご利用が可能。
  3. mopera U スタンダードプランのU「公衆無線LAN」コースなどを利用して注意2、ドコモの公衆無線LANサービスエリア内の空港や地下鉄構内などで大容量の高速インターネットを定額料金で利用可能。
  4. W-CDMAとGSM/GPRS方式のデュアル端末として海外で通話やデータ通信のご利用が可能注意3。また、海外の公衆無線LANスポットのご利用も可能注意2
  5. アプリケーション開発キット(無償提供予定)のご利用により、アドインアプリの作成が可能。
  6. Bluetooth®(ダイヤルアップ機能、ハンズフリー通話機能等)に対応。
  7. スケジューラ等のPIM機能を搭載。
  8. 企業様向けリモートアクセスサービス「ビジネスmoperaTM」シリーズに対応注意4
  • 注意1 mopera U スタンダードプランのお申し込みが別途必要です。mopera U は2005年夏頃サービス開始予定です。
  • 注意2 mopera U スタンダードプラン及びU「公衆無線LAN」コースのお申し込みが別途必要です。
  • 注意3 WORLD WINGのお申し込みが別途必要です。データ通信を利用する場合は、加えてmopera U スタンダードプランまたはライトプランのお申し込みが別途必要です。
  • 注意4 「ビジネスmopera」のお申し込みが別途必要です。

「FOMA M1000」の概要

1. 主な仕様(予定)注意1

寸法 高さ117mm×幅59.5mm×厚さ21.5mm
質量 約168グラム(スタイラス含む)
3G(W-CDMA)使用時 音声通話時間 約120分
テレビ電話通話時間 約80分
待受時間 静止時:約200時間/移動時:約110時間
GSM使用時 音声通話時間 約280分
待受時間 約200時間
メインディスプレイ 約2.9インチ(ヨコ208ドット×タテ320ドット)
透過反射型TFT液晶 65,536色
カメラ機能 背面:CMOSカメラ(カメラ有効画素数:131万/記録画素数:122万)
正面:CMOSカメラ(カメラ有効画素数:31万/記録画素数:30万)
入力I/F タッチパネル with Haptics
外部I/F USB2.0/Bluetooth1.1
無線LAN規格 IEEE802.11b
外部メモリ TransFlash®メモリーカード(32MB)/SDメモリーカード用アダプタ
1色(BlackSilver×DarkSilver)

M1000の写真(正面)M1000の写真(背面)
M1000
BlackSilver×DarkSilver

  • 注意1 各端末の仕様は開発中のため、商用品では変更になる可能性があります。
  • 注意「FOMA/フォーマ」「mopera U/モペラ ユー」「ビジネスmopera」はNTTドコモの登録商標または商標です。
  • 注意「Microsoft® Word」「Microsoft® Excel」は、米国Microsoft Corporationの商品名称です。
  • 注意「Microsoft® PowerPoint」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • 注意「Bluetooth」は、Bluetooth SIG Inc.の登録商標です。
  • 注意「TransFlash」はSandisk Corporationの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ