iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

iモード®対応携帯電話で飲料が買えるCmodeサービス対応ベンダー(愛称:シーモ)、5000台突破

-Cmode会員も50万人に-

<2006年2月16日>

日本コカ・コーラ株式会社
株式会社NTTドコモ
伊藤忠商事株式会社

日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:魚谷 雅彦)、NTTドコモ(以下ドコモ)、伊藤忠商事株式会社(以下伊藤忠商事、本社:東京都港区、社長:小林 栄三)の3社が推進し、2002年4月より全国展開しているCmode対応ベンダー(愛称:シーモ)の設置台数が2006年2月16日に5,000台を突破しました。そのうち約3,000台はドコモのおサイフケータイ®での決済にも対応した新Cmode対応ベンダー「シーモ2」となります。
またCmodeサービスをご利用いただけるCmode会員も2006年1月20日に、50万人を突破しております。

Cmodeサービスは、iモード対応携帯電話と、専用のコンピュータユニットが組み込まれたベンダー(自販機)を連携させることにより実現したユニークな会員制消費者サービスで、iモード対応携帯電話をシーモにかざすことによりキャッシュレスでコカ・コーラ社の飲料購入などが可能です。また、ご利用に応じたポイントプログラムやiモード上のサイト(Cmode☆コカ・コーラ)での着メロ・ゲーム購入など、“利便性”に加えて“オトクさ”や“楽しさ”も兼ね備えたサービスです。
2004年には従来の二次元バーコードおよび赤外線の認証方式に加え、ドコモのおサイフケータイにも対応した新Cmode 対応ベンダー「シーモ2」の展開をスタートし、お客様の利便性向上を図りました。今後も、さらなる利便性向上や楽しさの提供に向け、ドコモのおサイフケータイ、トルカ®、ケータイクレジット「iDTM」などを活用した新たなサービスの提供について検討してまいります。

コカ・コーラシステムは、全国に約98万台設置しているベンダー(自動販売機)を重要なチャネル・資産と捉え、ベンダーのソフト/ハード両面でのイノベーション(革新)を推進しています。その取り組みの一環として、「Cmodeサービス」を通じ飲料購入のフロー自体にエンターテイメント性を持たせコカ・コーラならではの楽しさを消費者に提供しています。今後、「Cmodeサービス」に対応したベンダーを飛躍的に増やし、最終的には殆どのベンダーでの対応を視野に含めた検討を行っております。

ドコモでは、携帯電話を生活やビジネスのあらゆる場面で役に立つ生活ツールへの進化を図ってまいりましたが、2004年7月より販売を開始したおサイフケータイは、2006年1月26日に1000万契約を突破いたしました。
今後も、さまざまなシーンでの携帯電話の利用価値をさらに高め、「生活インフラ」への進化を一層加速させてまいります。

伊藤忠商事は、Cmodeプロジェクト全体の戦略立案、システム開発を中心としたITノウハウの提供および技術的支援をしてまいりました。具体的には現在、携帯電話を利用した新しいプロモーションおよびコンテンツの提供を行っております。
今後も、さまざまなシーンでの携帯電話の利用価値をさらに高め、「生活インフラ」への進化を一層加速させてまいります。

[参考1]「Cmodeサービス」の構造とサービスフロー

サービスフロー図

Cmode(本体)画像

[参考2]「Cmodeサービス」および「シーモ」の活用事例

  • 新製品サンプリング

    新製品が発売されるタイミングに、Cmodeを活用した、人手を介さない画期的な製品サンプリングを実施しました。このサンプリングは所定のモバイルサイトにアクセスして製品と引き換えるための「シーポン」(バーコード)をダウンロードし、それをシーモにかざすと製品が受け取れるという仕組みで、「アクエリアス アクティブ ダイエット」発売にあわせて実施したキャンペーンでは、2週間の実施期間中に約300万のサイトアクセスがあり、実際に約20万人もの人々がこの方法で新製品を試飲しました。
    なお、2月20日(月曜)より、リニューアルした「爽健美茶」において先着20万名様を対象に同様のCmodeを活用した製品サンプリングを予定しております。

  • ケータイアプリと連動したキャンペーン(Cmodeカップ)

    ケータイのアプリゲームで遊び、ステージをクリアするとプレゼント(シーポン)抽選の機会を与えられるというキャンペーン。獲得したシーポンをシーモで好きなドリンクに引き換えられる、ケータイアプリとシーモが連動したキャンペーンを年3〜4回定期的に開催しています。実施期間中には毎回約10万人が合計100万回以上の抽選に参加する大規模な大会となります。
    2005年2月にスクウェア・エニックス社とタイアップした「Cmodeカップ」では、D2コミュニケーションズ社主催の第4回モバイル広告大賞「部門インフォテインメント賞」を受賞しています。

  • 自治体との協働による観光案内

    2004年9月より福島県会津若松市では、自治体との協働によりシーモの液晶画面上で同市の観光情報の提供をスタート。市内約20箇所に設置されたシーモ2では、名所やイベント案内などなど、観光案内に一役買っています。その他にも福岡市、大阪市などでも自治体からのメッセージや地元のイベント告知で活用したケースがあります。

  • 注意「Cmode」「シーモード」と「シーポン」は、The Coca-Cola Companyの登録商標です。
  • 注意「iモード」「おサイフケータイ」「トルカ」「iD」はNTTドコモの商標または登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ