地域からのお知らせ(東海)

愛知県豊山町にてLTEタブレットを活用した学習環境を整備
~いつでも・どこでも アクティブラーニングの実現~
<2019年3月19日>

愛知県 豊山町
株式会社NTTドコモ 東海支社

愛知県豊山町(以下、豊山町)と株式会社NTTドコモ東海支社(以下、ドコモ)は、豊山町の小・中学校全4校を対象に、LTE対応のタブレットを各校50台ずつ配備し、児童生徒の情報活用能力、コミュニケーション能力、思考力、表現力および判断力等の育成をめざします。

愛知県の自治体において、ドコモのLTE対応タブレットを全校へ導入するのは豊山町が初となります。

これまで豊山町では、学校内Wi-Fi対応の教員用タブレットを用いて、校内で電子黒板等との連携による授業が行われていましたが、LTE対応児童生徒用タブレットを導入することで、児童生徒が同時にインターネットアクセスをして、調べ学習をしたり、課外授業で利用したり、いつでも、どこでも主体的に学習することが可能となります。また、今回導入したタブレットには、アクティブラーニングを実現する授業支援系アプリケーションや、児童生徒の学力向上を支援するドリル系アプリケーションも備えており、児童生徒によるアウトプットの機会を増やす授業への変革ならびに児童生徒一人ひとりにあった学習を実現してまいります。

なお、本事業については、有識者アドバイザーとして、国立大学法人愛知教育大学准教授 梅田 恭子氏、同大学非常勤講師 猪狩 秀人氏にご参画いただき、導入後の活用に向けた教員向けの研修講師や、本事業の進め方等について助言ならびにサポートを実施していただいています。

今後も、産学官が連携し、ICT機器を効果的かつ継続的に活用できる環境づくりを行うとともに、LTE対応タブレット活用の先行事例として地域のみなさまへ展開・発信できるよう取組んでまいります。


  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ