<OBJECT>

関連属性

declare (オブジェクト宣言であることを示す識別子)
id="OBJECTタグID" (HTML内で一意)
data="ADFのURL"
type="コンテンツタイプ" ("application/x-jam"固定)

書式

<OBJECT declare id="OBJECTタグID" data="ADFのURL" type="application/x-jam"> </OBJECT>

意味

端末にダウンロードするJavaアプリケーションをオブジェクトとして宣言します。

ijam属性

書式

<A ijam="OBJECTタグID" href="Java非搭載機種用メッセージを記述したHTMLのURL">
</A>

意味

  • そのアンカーが選択された際にダウンロードされるJavaアプリケーションに対応したOBJECTタグを指定します。
  • ijam属性を指定するAタグでは、同時にhref属性を設定してください。
  • 注意HTMLタグおよびアトリビュートは半角大文字、半角小文字が混在していても動作可能です。

このページのトップへ