リミット機能

ご注意事項

ご利用料金について

  • ご利用金額は、各種割引適用後の通話・通信料金(消費税加算前)、およびiモードなどの情報料やspモード コンテンツ決済サービス利用代金(消費税加算後)の合計金額で算出されます。 ただし、ドコモ払い/d払いのご利用代金は、当社がドコモ払い/d払い加盟店からの売上情報を確認した時点でリミットの判定対象金額となります。
  • 通話・通信のご利用がなくても、同一一括請求グループの他回線のご利用状況に応じて、発信停止/発信停止解除になる場合があります。
  • 毎月の上限額にはあらかじめ設定された金額(「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」は選択した上限額コース、「ファミリーワイドリミット」「ファミリーワイドリミット バリュー」は1,000円)に加えて、以下のものを含んだ額が上限額となります。
    • 「パケットパック」をお申込みの定額料(「パケ・ホーダイ ダブル」、「パケ・ホーダイ」、「パケ・ホーダイフル」、「Biz・ホーダイ」は含みません)
    • 「2か月くりこし」によってくりこされた無料通信分
    • 「ゆうゆうコール」の特典額
  • 無料通信分が適用できないiモード情報料、電話番号案内(104)の案内料、他社接続サービス料(0570、0180で始まる番号への通信)などのご利用によって、あらかじめ設定された金額を超えた場合、無料通信分が残ってる限り通話・通信はご利用いただけます。この場合、iモード情報料(有料コンテンツ)はご利用いただけませんが、電話番号案内や他社接続サービスはご利用いただけますのでご注意ください。
  • 電報料、d払い(iD)などの代金は発信停止の対象金額には含まれません。
  • おまかせロックは、上限額の判定対象になりません。発信停止中でもご利用いただけます。
  • ご利用金額の確認は、「ご利用料金の確認」サイトをご利用ください。なお、iモード、音声ガイダンス(151)でのご利用にはネットワーク暗証番号(4桁)が必要となり、インターネットでのご利用には、「dアカウント」が必要になります。

上限額の追加について

  • 上限額の追加は、ドコモの携帯電話であれば、「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」、「ファミリーワイド」「ファミリーワイド バリュー」をご利用の携帯電話以外からもご利用いただけます。
  • 上限額の追加は随時1,000円単位で1回あたり最大9,000円まで可能です。
  • 上限額の追加はリミットサービスセンター(*8187)へダイヤルするか、iモード上の「料金の確認・お支払い」内の「リミット上限額確認&追加」へ接続してください。なお、追加を行う場合はネットワーク暗証番号(4桁)とリミットパスワード(6桁)が必要となります。
  • 追加した上限額は当月内のみ有効です。

リミットパスワードについて(上限額の追加にはリミットパスワードが必要です。)

  • お買い上げ時にお客さま独自のリミットパスワードをお申出ください。
  • 上限額追加の管理者が必ずリミットパスワードを設定してください。未成年の方がご利用いただく場合で、親権者の方がリミットパスワードを管理される場合など、利用者と管理者が異なる場合はリミットパスワードの管理の徹底をお願いいたします。
  • リミットパスワードの変更は、リミットサービスセンター(*8187)またはお近くのドコモショップ店頭にて受付いたします。ドコモショップ店頭では、契約者ご本人であることを確認させていただいたうえで、パスワードを変更いたします。リミットサービスセンターでのパスワード変更については、リミットパスワードの変更をご覧ください。ドコモ インフォメーションセンターでお申込みの際は申込書を送付いたしますので、ご記入のうえご返送ください。(即日の発行はできません。)
  • 未成年のご契約者がリミットパスワードを変更する場合(ロック後の再設定を含む)、親権者の同意書および親権者であることが確認できる書類が必要です。また、親権者からの受付も可能です。
  • ネットワーク暗証番号もしくはリミットパスワードの入力を3回連続で誤った場合、ロックがかかり操作ができなくなりますのでご注意ください。ロックがかかった場合は、お近くのドコモショップの店頭にて、契約者ご本人であることを確認させていただいたうえで、再設定いたします。ドコモ インフォメーションセンターでお申込の際は申込書を送付いたしますので、ご記入のうえご返送ください。

発信停止中でも発信可能な電話番号(リミット緊急連絡先)について

  • 発信停止中でも発信可能な電話番号は、最大3件までご登録いただけます。
  • 発信停止中でも発信可能な電話番号への通話・通信は、発信停止中であっても通常の課金対象となりますのでご注意ください。
  • 発信停止中でも発信可能な電話番号の登録・変更は、iモード上の「料金の確認・お支払い」内の「発信停止中でも発信可能な電話番号の登録・変更」またはお近くのドコモショップ店頭にて受付いたします。ドコモショップ店頭では、契約者ご本人であることを確認させていただいたうえで、受付いたします。未成年契約者からのお申込みの際は、親権者の確認書類と同意書が必要となります。
  • ドコモショップ店頭、ドコモインフォメーションセンターにて、発信停止中でも発信可能な電話番号を変更される場合、変更される電話番号を含むすべての電話番号をお申出いただきます。
  • キッズケータイなどの「緊急通知機能(電話発信)」をご利用のお客さまは、発信停止中でも発信可能な電話番号を同一の番号でご登録されることをおすすめします。

上限額追加停止機能について

  • 上限額追加停止機能は、リミットパスワードを無効化することにより上限額の追加ができなくなる機能です。
  • 上限額追加停止機能のお申込みは、ドコモ インフォメーションセンターおよびお近くのドコモショップ店頭にて受付いたします。未成年のご契約者の場合、親権者からの受付も可能です。
  • 上限額追加停止機能の廃止は、ドコモ インフォメーションセンターおよびお近くのドコモショップ店頭にて受付いたします。未成年のご契約者の場合は、親権者の同意書および親権者の確認書類が必要となります。また、親権者からの廃止も可能です。

発信停止中に受信したiモード/spモードメールについて

  • 発信停止中に着信したiモード/spモードメールはiモード/spモードセンターにて保存されます。なお、保存件数は最大1,000件、保存期間は720時間です。
  • 下記のサービスについては、発信停止中でも受信可能です。
    • ファミリー割引のグループ内iモードメール
    • ショートメッセージサービス
    • 受信無料のメッセージR

料金プラン変更について

「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」と「ファミリーワイドリミット」「ファミリーワイドリミット バリュー」の間でプラン変更

  • 上限額は変更後の料金プランで設定された上限額に変更となりますが、変更前のプランで追加した追加上限額は引き継がれます。
  • 発信停止中に料金プラン変更をした結果、ご利用金額が上限額を下回る場合は、発信停止が解除されます。

共通

  • 基本使用料に含まれる無料通信分は日割りで引き継がれます。
  • ご利用金額は当月1日からの累計となり、料金プラン変更時に上限額を超えている場合には発信停止となります。
  • 発信停止時に「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」、「ファミリーワイドリミット」「ファミリーワイドリミット バリュー」以外の料金プランへ変更した場合、発信停止が解除されます。

上限額コース変更について(「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」のみ)

  • 「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」のコース変更は翌月からの適用となりますので発信停止中にコース変更しても、発信停止は解除されません。

「パケ・ホーダイ ダブル」、「パケ・ホーダイ」、「パケ・ホーダイフル」、「Biz・ホーダイ」、「パケットパック」のお申込み・変更・廃止について

  • 上限額を超えた後も、定額対象通信はご利用いただけます。
  • 各定額料は上限額に含まれません。また、月の途中でのお申込み・廃止でも日割計算いたしません。
  • 発信停止時に、当月からのご利用でお申込みの場合は、お申込み後から定額対象通信をご利用いただけます。

その他の注意事項

  • 未成年契約者の方が下記をお申込みになる場合、親権者の方の同意書および親権者の確認書類が必要となります。
    • 他の料金プランへの変更
    • ご契約いただいているものより高額の上限額コースへの変更(「タイプリミット」「タイプリミット バリュー」のみ)
    • リミットパスワードの変更
    • 上限額追加停止機能の廃止
    • 「パケ・ホーダイ ダブル」をお申込みの場合
  • 上限額を超えた場合でも、通知はいたしません。
  • 上限額を超えて発信停止となっても翌月1日午前0:00には自動的にご利用が可能となります。
  • システムの保守や障害などにより、発信停止が遅れたり、リミットサービスセンター(*8187)およびiモード上の「料金の確認・お支払い」内の「リミット上限額確認&追加」をご利用いただけなくなる場合があります。
  • 上限額を超えてから発信停止までの間に通話・通信のご利用があった場合や、ご利用状況により発信停止中に料金が発生した場合(サイト接続が完了しなかった場合、iモード/spモードメールの送信中に中断した場合など)は、上限額を超えた料金もお客さまのご負担となります。
このページのトップへ