3.4GHzに関する情報(周波数移行)

3,400MHz~3,456MHz帯を使用するSTL等およびFPUの無線局をご利用の免許人さま向けの周波数移行に関する情報を掲載しております。

周波数移行について

当社は、モバイルブロードバンドのさらなる高速化と、トラフィックの急激な需要増加への対応を行うため、3.4GHz帯を使用する特定基地局の開設計画を総務省に申請し、2018年4月9日に総務大臣より認定されました。
当社は、3.4GHz帯を利用したモバイルブロードバンド網を構築することで、お客さまにより高速かつ利便性の高いサービスを提供して参ります。

STL等およびFPUの周波数移行について

平成30年総務省告示第34号(第四世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設に関する指針を定める件)(平成30年1月26日)に従い、下記の無線局を現在ご利用の免許人のみなさまは、新たに割り当てられた周波数帯域への移行が必要となります。

  1. 3,400MHzを超え3,456MHz以下の周波数を使用するSTL等の無線局。
  2. 3,400MHzを超え3,456MHz以下の周波数を使用するFPUの無線局。

上記の無線局に対し、当社および3.4GHz帯特定基地局開設計画の認定を受けたソフトバンク株式会社は、周波数移行を促進するための措置(終了促進措置)を共同で行うことに合意しました。詳細につきましては、以下からご確認になれます。

終了促進措置に関する実施の概要および実施手順について

当社およびソフトバンク株式会社は、終了促進措置に関する実施の概要および実施手順を策定し、その内容をSTL等およびFPUの対象免許人さまに通知いたしました。
詳細につきましては、以下からご確認になれます。

PDF終了促進措置に関する実施の概要および実施手順(PDF形式:359KB)

お問い合わせ窓口について

3.4GHz周波数移行に関するお問い合わせにつきましては、下記のお問い合わせ窓口にお願いいたします。
なお、本窓口は、以下のシステムをご利用の免許人さま向けのお問い合わせ窓口になります。免許人さま以外からのお問い合わせは、ご回答できかねますので、あらかじめご了承ください。

  • 3,400MHzを超え3,456MHz以下の周波数を使用するSTL等機器をお使いの方。
  • 3,400MHzを超え3,456MHz以下の周波数を使用するFPU機器をお使いの方。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

お問い合わせいただく情報の取扱いについて

当社は、個人情報のみならず、法人その他の団体の免許人さまに関する情報についても個人情報と同様に適正に取扱ってまいります。
お問い合わせいただくすべての情報は、下記の利用目的のために利用させていただきます。
また、お問い合わせいただくすべての情報は、終了促進措置の円滑な実施のため、下記の事業者間で共同利用いたします。
ただし、団体および個人を特定せずに統計データを収集する目的で利用する場合があります。

  1. 利用目的
    免許人さまのご要望やお問い合わせに対応させていただくため。
  2. 共同利用目的
    お問い合わせをいただいた免許人さまに対し、終了促進措置に係る円滑な協議を実施するため。
  3. 共同利用する事業者の範囲(2018年8月7日現在)
    • 株式会社NTTドコモ
    • ソフトバンク株式会社

お問い合わせにあたっては、本項(お問い合わせいただく情報の取扱いについて)の内容をご了解いただいた上で、お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ