ITU-RにおけるIMT-2020無線インタフェースの標準化動向

ITU-RにおけるIMT-2020無線インタフェースの標準化動向

ITU-Rでは、第5世代移動通信システム(5G)の国際標準化を念頭に置き、IMT-2020と呼ばれる名称を新たに定義し、IMT-2020無線インタフェースの標準化に向けた作業を開始している。本稿では、本作業にかかわるこれまでの検討状況や、今後の予定について解説を行う。

PDFITU-RにおけるIMT-2020無線インタフェースの標準化動向(PDF形式:1MB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ