スマートフォンサイズのNOMA対応チップセットによる周波数利用効率向上の実証実験

スマートフォンサイズのNOMA対応チップセットによる周波数利用効率向上の実証実験
PDFファイルダウンロード

今後のさらなるユーザ体感品質の向上およびシステム性能改善に向けて、第5世代移動通信システム(5G)の標準化および実証実験が進められている。5Gの要求条件を実現する手段として、新たな周波数帯の開拓に加えて、既存周波数帯の周波数利用効率を向上させることが検討されている。ドコモは、周波数利用効率向上を実現する無線アクセス技術として、複数ユーザの信号を同一周波数を用いて同時に送信するNOMA技術を提案してきた。本稿では、NOMA技術のさらなる高度化をめざし、ドコモとMediaTekが共同で行った屋外実験について概説する。

PDF「スマートフォンサイズのNOMA対応チップセットによる周波数利用効率向上の実証実験」(PDF形式:2,471KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ