マルチデバイスでの共通のAR/MR体験を提供可能なAR/MRクラウド技術

5G時代の新たなサービスとして期待されているものの1つに「AR/MRクラウド」がある。本稿では、複数のデバイス間で共通のAR/MR体験を提供可能である「AR/MRクラウド」を実現するために必要な大きな3つの機能である、自己位置認識機能、空間構造生成/管理機能、コンテンツ空間管理機能についての、ドコモのR&Dでの取組みを解説する。

PDF「マルチデバイスでの共通のAR/MR体験を提供可能なAR/MRクラウド技術」(PDF形式:1,933KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ