アジャイルアプリ開発体制の効率的なリモートワーク環境への移行事例

アジャイル開発においては、メンバが同一拠点に集合し作業を行うことが一般的であるが、新型コロナウイルス感染拡大を回避するため、リモートワークを取り入れた開発体制が必要となる。そこで効率を落とさず開発を行うために、ドコモでは、Webタスク管理・自動化ツールやWeb会議など関連ツールを組み合わせてリモートワークを行うようにした。これにより、品質を保ちかつコロナ禍以前と変わらない短周期でのリリースを可能とした。

PDFアジャイルアプリ開発体制の効率的なリモートワーク環境への移行事例(PDF形式:2,803KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ