UWB測距技術を用いたおサイフケータイのタッチレス機能実用化検討

近年、決済のキャッシュレス化が推進されており、QR/バーコード決済など新技術の利用も拡大している。ドコモは従来、非接触の決済サービス「おサイフケータイ」を提供してきたが、さらなる利便性と新たなユーザ体験の実現を目指し、現在高精度な測距が可能な無線技術「UWB」を活用し、指定場所に立つ、あるいは通過するだけで決済できるタッチレス機能に対応したおサイフケータイ技術の実用化検討を進めている。本稿では、その内容について解説する。

PDFUWB測距技術を用いたおサイフケータイのタッチレス機能実用化検討(PDF形式:4,085KB)

  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ