伝送路推定シストリックアレープロセッサ PDFファイルダウンロード

将来予想される、より広帯域な移動通信システム(例えば情報伝送速度として数十Mbit/s)では、適応等化器やアダプティブアレーアンテナなどの適応的な信号伝送技術が重要な役割を果たすと考えられる。このためには、実時間動作可能な伝送路推定器が不可欠である。そこで、並列処理により伝送路推定を短時間で行うことのできるシストリックアレープロセッサを開発したので、その概要について述べる。

(PDFファイルが開きます)伝送路推定シストリックアレープロセッサ(PDF形式:1.7MB)6ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ