報道発表資料

災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功
-地上の電源との接続により、連続24時間運用をめざす-
<2017年5月17日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてまいりましたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、2017年5月17日(水曜)に、当該地区のエリア化の成功を確認いたしました。

「ドローン中継局」は、ドローンでの利用を想定した専用の小型中継局を搭載し、周辺のドコモの基地局電波を上空で捉え、中継することで、臨時のエリアを形成するものです。従来の移動基地局車等と比較し、可搬性に優れるため、被災時に地盤の影響等に左右されず、迅速な復旧を実現することができます。

ドコモは「ドローン中継局」の早期導入をめざし、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、神奈川県の6県において実験試験局免許を取得し、実証実験を行っています。可搬性と長時間稼働の両立をめざし、これまで専用小型中継局の開発や、長時間の連続運転が可能となる地上電源との接続の実現性検討等を行ってまいりました。
この度の実証実験において、群馬県吾妻郡長野原町にて、「ドローン中継局」を利用し、実験電波を用いたエリア化に成功いたしました。
今後は、2017年度下期を目途に、地上の電源と接続した実験を行い、実災害時にも実効性のある連続24時間運用の実現をめざします。

ドコモは「ドローン中継局」の早期実用化をはじめ、災害時においても、お客さまが携帯電話を安心してご利用いただけるよう、今後も災害対策への取り組みを強化してまいります。

別紙 「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化の概要

1. 「ドローン中継局」概要

専用の小型中継局をドローンに搭載することで、災害時に移動基地局車等の既存設備では対応できないようなケースでも、携帯電話サービスエリアの救済が可能となります。

イメージ画像イメージ画像

2. 実験概要

上空での電波中継を行うための実験試験局免許を取得の上、群馬県吾妻郡長野原町において、「ドローン中継局」を上空で運用し、エリア化の効果検証を行いました。

<実験構成>
イメージ画像イメージ画像
<実験模様>
<実験模様>
<ドローン中継局>
<小型中継局>

3. 実験日時

2017年5月10日(水曜)〜5月17日(水曜)

4. 実験場所

群馬県吾妻郡長野原町


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ