報道発表資料

「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を推進
-AIエージェントAPIのオープン化により協創を促進-
<2017年6月23日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、中期戦略2020「beyond宣言」で掲げている、お客さまのライフスタイルを革新する新AIエージェントの実現に向け、基盤の中核となる「AIエージェントAPI」(以下、本API)を開発いたしました。本APIは、新AIエージェントを構築するための基本システムであり、NTTグループのAI「corevo®」のひとつである先読みエンジンと多目的対話エンジン、およびIoTアクセス制御エンジンの3つのエンジンで構成されます。

ドコモは本APIをオープン化し、「サービスにもオープン」、「デバイスにもオープン」な、音声インターフェースをベースとした新たなサービス提供スタイルの共同開発を行う「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を推進してまいります。
これまでに、ドコモが培ってきたサービスや、デバイスプロバイダー向けのAPIをオープン化することで、エンドユーザーに音声やテキストを介した新しいサービス利用体験の創造、パートナー各社様とWin-Winのビジネス関係の構築、AIエージェントサービスの開発期間の最短化をめざしてまいります。

本APIを利用した新AIエージェントサービスを2018年度早々に提供開始する予定です。

なお、パートナー各社様向けに、6月28日(水曜)〜30日(金曜)の期間に開催予定の「AI・人工知能EXPO」の展示ブースにて、本APIの仕組みについて説明いたします。

ドコモは、新AIエージェントの実現により、自然なコミュニケーションを通じて、パートナー各社様の多様なサービスをより身近にし、お客さま一人ひとりのお得、満足、安心を提供してまいります。

別紙 「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」概要

1. 概要

2. 「AIエージェントAPI」構成

「AIエージェントAPI」は、「先読みエンジン」、「多目的対話エンジン」、「IoTアクセス制御エンジン」の3つのエンジンにより構成されます。

「AIエージェントAPI」構成の表
先読みエンジン1 「AIインフォテイメントサービス2 」等で培った行動分析技術により、一人ひとりに合わせた情報を適切なタイミングで提供することを可能とする。
多目的対話エンジン1 18億回以上の利用実績がある「しゃべってコンシェル」等で培った自然言語処理技術により、自然な対話を通したサービス提供を可能とする。
IoTアクセス制御エンジン デバイスWebAPI3 の技術により、異なる通信規格のIoT機器をひとつのアプリケーションで制御することを可能とする。

上記「AIエージェントAPI」に加え、ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブは以下の特徴も有しております。

  • ドコモのモバイルペイメント(ケータイ払い、iD等)やdポイントの活用
  • AI技術等を活用した、精度の高いマーケティング環境の実現

3. 「AIエージェント」利用イメージ

「AIエージェント」とは、お客さまとの対話を通じて、一人ひとりの要望に的確に応え、サービスを提供したり、さまざまなIoT機器を操作することを可能にする人工知能です。お客さまは自分の生活シーンに最適なデバイスを通じて、自分の行動や状況に合わせたサービスを、いつでも簡単に利用することが可能になります。

  1. 「先読みエンジン」「多目的対話エンジン」はNTTグループのAI「corevo」のひとつです。
  2. AIインフォテイメントサービスとは、ドコモのAI技術を活用した自動車向けの音声エージェントサービスです。
  3. デバイスWebAPIとは、121社の企業が参画するデバイスWebAPIコンソーシアムで議論・検討中の様々なデバイスとの連携を実現する仕組みです。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ