報道発表資料

(お知らせ)北海道胆振地方中東部を震源とする地震に伴う、大ゾーン基地局の運用開始について
<2018年9月6日>

【追記】
  9月6日(木曜)午後4時26分より釧路市内の一部エリアを大ゾーン基地局によるサービスに切替えを行っておりましたが、釧路市内エリアの復旧が進んだことから、9月7日(金曜)午後2時45分に運用を終了しました。


【発表文】
 平素はNTTドコモのサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 現在、北海道胆振地方中東部の一部地域でドコモの携帯電話サービスがご利用いただけない、またはご利用しづらい状況が発生し、お客さまにはご迷惑をお掛けしております。

 停電の長期化が予想され、一部エリアの維持が困難になることから釧路市内の一部エリアを2018年9月6日(木曜)午後4時26分より大ゾーン基地局※によるサービスに切替えを行いました。
 大ゾーン基地局は通常と比較した際、建物の中でご利用しづらい、データ通信のスピードが出にくい等、お客さまにはご不便をおかけすることもありますが、できるだけ多くのお客さまのご利用を最優先に考えての措置ですので、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

※大ゾーン基地局とは、広域災害・停電時に、人口密集地の通信を確保するため、通常の基地局と比較し、広範囲のエリアをカバーする災害時専用の基地局です。


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ