「iモードメール大量送信者からのメール受信制限」の条件変更およびiモードセンタにおけるメール受信条件の変更について

<2007年8月29日>

NTTドコモグループ9社(以下ドコモ)は、お客様が設定するiモード®迷惑メール対策として2004年から「iモードメール大量送信者(1日200通)からのメール受信制限」を提供してまいりましたが、昨今お客様のiモードメール送信機会が増加し、また、URL付きメール拒否機能の提供など迷惑メール対策機能も充実してきたことから、2007年11月20日よりiモードメールの大量送信者からのメール受信制限の条件を変更し、1日200通から1日500通にいたします。

また、迷惑メール対策の一環として、2007年11月20日よりiモードセンタのシステム変更を行います。これにより、パソコンなどから送信されるメールの送信元アドレスにひらがななどの2バイト文字が含まれるなどの場合には、iモードセンタにおいて受信ができなくなります。

なお、詳細は以下のとおりです。

iモードメールの大量送信者からのメール受信制限の条件変更について

機能変更日

2007年11月20日(火曜)

機能概要

受信側のお客様に設定していただくことにより、1日に1台のiモード端末から送信される500通目以降のメールを拒否します。注意1

対象となるお客様

iモード(FOMA®・mova®)をご契約のお客様

サービスイメージ

イメージ図

  • 注意1 本機能の初期設定は「拒否する」となっており、既に設定されているお客様は自動的に変更になります。
    受信拒否解除方法 : iMenu® → 料金&お申込・設定 → メール設定 → メール受信設定・その他設定

iモードセンタにおけるメール受信条件の変更について

適用開始日

2007年11月20日(火曜)

受信できなくなるメールの送信元アドレスの条件

  1. ドメインの最初の文字がアルファベットや数字、一定の記号注意1 以外
  2. アカウント部分(@より前)およびドメイン部分(@より後ろ)に2バイト(ひらがななど)または半角カナの文字が含まれる
  3. アカウント部分で65バイト、またはメールアドレス全体で256バイト以上

サービスイメージ

イメージ図

  • 注意1 一定の記号 :
    ! # $ % & ‘ * + - / = ? ^ _ ` { | } ~
  • 注意「iモード」「FOMA/フォーマ」「mova/ムーバ」「iMenu」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ