緊急地震速報

緊急地震速報について

緊急地震速報は、震源近くで地震(P波、初期微動)をキャッチし、位置、規模、想定される揺れの強さを自動計算し、地震による強い揺れ(S波、主要動)が始まる数秒〜数十秒前に素早くお知らせするものです。
ドコモでは、気象庁から配信された 「一般向け緊急地震速報」を利用して最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)の地域(全国を約200の地域に区分)の携帯電話に一斉配信いたします。
詳しくは気象庁の「緊急地震速報について」をご確認ください。

別ウインドウが開きます気象庁 緊急地震速報について

受信イメージ

エリアメール「地震情報」編(別ウインドウが開きます)別ウインドウが開きます

緊急地震速報を受信した際の端末動作を視聴できます。

別ウインドウが開きますエリアメール「地震情報」編

スマートフォンでの受信イメージ
  • 一部の機種では専用ブザー音の後に「地震です」という音声ガイダンスが流れます。対応機種については、対応機種ページをご確認ください。なお、対応機種であってもエリアメールアプリアップデートが必要な場合があります。

端末の言語設定により受信メッセージと音声ガイダンスが異なります。

端末の言語設定による受信メッセージと音声ガイダンスの一覧表
  • 日本語以外の言語は一部機種のみ対応しております。対応機種ページをご確認ください。なお、対応機種であってもエリアメールアプリアップデートが必要な場合があります。
  • 設定可能な言語は機種ごとに異なります。また、上記言語以外を設定した場合は英語の受信メッセージと音声ガイダンスとなります。
  • やさしい日本語の設定は、エリアメールアプリ内設定画面から設定可能です。

緊急地震速報を受信したときの心得

緊急地震速報は、情報を見聞きしてから地震の強い揺れが来るまでの時間が数秒から数十秒しかありません。その短い間に身を守るための行動を取る必要があります。
緊急地震速報を見聞きしたときの行動は「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことが基本です。

対応の具体例

基本行動

  • びっくりしないでください。
  • 地震が止まるまで頭を守ってください。
  • 上から物が落ちます。頭を守ってください。
  • 物が倒れます。気をつけてください。
  • 物が落ちるところから離れてください。
  • 物が倒れるところから離れてください。

家庭では

家庭ではのイメージ
  • 頭を守ってください。
  • テーブルや机の下へ逃げてください。
  • 大きい物が倒れます。離れてください。
  • すぐに外へ出ないでください。
  • 地震が止まったら火を消してください。
  • ドアや窓を開けてください。外へ出ることができなくなります。

自動車運転中は

自動車運転中はのイメージ
  • ゆっくり車を停めてください。

人が大勢いる場所では

人が大勢いる場所ではのイメージ
  • びっくりしないでください。
  • (バッグや荷物で)頭を守ってください。
  • 上から物が落ちます。電気の下から離れてください。

屋外(街)では

屋外(街)ではのイメージ
  • 大きい物が倒れます。離れてください。
  • 上から物が落ちます。気をつけてください。
  • 建物の壁が落ちます。離れてください。

電車・バスでは

電車・バスではのイメージ
  • 近くのものにつかまってください。

エレベーターでは

エレベーターではのイメージ
  • エレベーターを止めてください。
  • エレベーターからすぐに出てください。

山やがけでは

山やがけではのイメージ
  • 大きい石が落ちてきます。気をつけてください。
  • がけ<山の急なところ>から逃げてください。

出典:別ウインドウが開きます気象庁ホームページ

他の言語については、下記資料をご確認ください。

地震防災訓練アプリ

地震防災訓練アプリは、自治体などの地震防災訓練で利用できるアプリです。
緊急地震速報の専用ブザー音をきっかけに避難行動をとる訓練を実施できます。

地震防災訓練アプリ


  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ