同報メールを大量に送信されるお客様へ

はじめに

昨今、携帯電話宛の同報メールへのニーズが高まっておりますが送信方法が適切でないために、着信遅延や不達などが発生するケースが見られます。
ここでは、同報メールを効率よく円滑に送信いただくために、送信方法について幾つかの注意点をご説明いたします。
iモード・spモードのメールサービスは、複数の要因により、着信遅延や不達などが発生する場合があります。
緊急を要する情報(速報、警報など)を送信される場合には、携帯電話宛のメールに限らず、複数の情報伝達手段をご検討いただくことをお勧めします。

お願い

1.大量の宛先不明を含むメールは送信しないでください

インターネットを経由してiモード・spモード宛に送られる大量の宛先不明メールが原因で、一部設備が輻輳し、Eメールが届かない、もしくは遅延するといった恐れがあります。また、こうした大量の宛先不明メールが送信される理由に、迷惑メール送信者によるメールアドレスの収集・名簿化があり、結果、迷惑メールの増加につながることが考えられます。従いまして、弊社ではこのような大量の宛先不明メールを一時的に受信ブロックすることがあります。

対処策

アドレスクリーニングされていないメーリングリストの送信も上記の「大量の宛先不明メール」に該当する場合がございます。また、長い間メンテナンスされていないアドレスリストに含まれるアドレスには、利用者が当該アドレスの使用をやめた後、別ユーザーによる再取得などで、アドレス所有者が変わっていることがあります。このような場合、意図しない情報の漏洩にもつながります。従いまして、メーリングリスト管理者様には、定期的なアドレスリストのメンテナンスを推奨いたします。

2.適正なSMTPセッション数で送信ください

同時に大量のSMTPセッションが要求されると、iモードセンター・spモードセンターの処理能力を超え、システムが不安定になる危険があります。そのため大量の同時セッション要求に対しては一時的に接続を制限する場合があります。

対処策

同時に大量のメールを送信される際には、できるだけ少ないセッション数での送信をお願いいたします。

3.1通のメールで可能な同報数の上限にご注意ください

同時送信が可能な宛先数は1SMTPセッションあたり100宛先までとなります。101以上の宛先数で送信した場合はそのセッションのメールに関しては受信せずにエラーコード554:Transaction failedを応答し、そのセッションを切断させていただいております。エラーになる前の宛先に関しても送信されませんので、ご注意ください。

対処策

メールの同報送信をご利用の際には、同報可能数の上限(100宛先/1メール)を超えないようにお願いいたします。

4.局所的に大量のメールを送信される際のお願い

携帯電話のメールサービスは、モビリティ性とリアルタイム性を実現するため、PCでのメールサービスとは異なり、メールを受信後すぐに、お客様の携帯電話に配送(Push)する仕組みを取入れています。また、お客様がどこにいてもメール配信ができるよう、無線を用いて送信しております。しかしながら、無線リソースは有限であることから、局所的に大量のメールが集中したり、そのエリアでの通信量が急激に増加した場合には、無線リソースを超過し、携帯電話へのメール配送が失敗する場合があります。

対処策

同報メールを大量に送信する際は、少ない通数ずつ、回数や配送先地域を分けて送信するなど、輻輳を避ける送信方法による送信をお願いいたします。

5.毎正時にメールを配信される際のお願い

昨今、毎正時(〜時00分)前後にiモード・spモード宛に非常に多くのメール送信要求が確認されております。毎正時にメール送信要求が集中しますと、設備が混み合い、遅延が発生するおそれがあります。特に、メールマガジンの配信等で大量にメールを送信される送信者様におかれましては、可能な限り毎正時を避けて送信されることをお勧めいたします。

対処策

毎正時をなるべく避けてメールを配信されますようお願いいたします。

6.携帯電話が電源OFF、または圏外時などで受信ができなかった場合

メールが配信されたときに、携帯電話機の電源が切れている場合、圏外時の場合、または携帯電話機の受信メールボックスが満杯だった場合には、メールは配信されずにメールボックスに保管され、再送されます。

このページのトップへ