危険サイト対策(PCセキュリティ)

フィッシング詐欺などのネット犯罪を未然に防ぐために、アクセスするサイトが危険なサイトとの評価や評判がないかをデータベースで確認し、危険な場合は画面上で警告を表示する機能です。

  • お使いのOS・ブラウザにより設定方法が異なります。

設定手順

危険サイト対策として「WebAdvisor(ウェブアドバイザー)」のセットアップを行い機能を有効化します。
有効化したいブラウザの設定手順を確認し、設定してください。

Widows OS

  • Firefoxの設定手順

    開く

    FireFoxの設定手順の画像

    ブラウザのメニューボタンをクリックし、「アドオン」を選択します。
    拡張機能タブをクリックすると、「マカフィー ウェブアドバイザー」が追加されているので、「有効化」をクリックします。

  • Google Chromeの設定手順

    開く

    Google Chromeの設定手順1の画像

    [1]ブラウザのオレンジ色のメニューボタンをクリック→拡張機能追加のアラートを選択し、表示されるポップアップで「拡張機能を有効にする」をクリックします。

    Google Chromeの設定手順2の画像

    [2]機能が有効になり右上にアイコンが表示されます。

    Google Chromeでポップアップが出ない場合の手順1の画像

    ■ポップアップが出ない場合
    [1]右上のメニューから設定をクリックし、表示された画面で左上のメニューをクリックし、左下に表示された「拡張機能」をクリックします。

    Google Chromeでポップアップが出ない場合の手順2の画像

    ■ポップアップが出ない場合
    [2]マカフィーウェブアドバイザーが有効になっていることを確認します。なっていない場合は、赤枠をクリックし、有効にします。

    • もし、この画面にウェブアドバイザーが表示されない場合は、アプリメニューから「ウェブアドバイザー」で検索をし、追加してください。

    Google Chromeの設定手順3の画像

    [3]機能が有効になり右上にアイコンが表示されます。

  • Internet Explorerの設定手順

    開く

    Internet Explorerの設定手順1の画像

    [1]ブラウザを開くと、画面下部にアドオンを「有効にする」「有効にしない」の選択メッセージが表示されますので、「有効にする」をクリックします。

    • 上記メッセージが表示されない場合は、ブラウザ右上のメニューから「アドオンの管理」を選択し、「ツールバーと拡張機能」を選択します。「McAfee Webadvisor」を選択し「有効にする」をクリックします。

    Internet Explorerの設定手順2の画像

    [2]「アドオンの管理」画面が開くので、機能が有効になっていることを確認して画面を閉じます。

  • Microsoft Edgeの設定手順

    開く

    Microsoft Edgeの設定手順1の画像

    [1]Microsoft storeにて「WebAdvisor」でキーワード検索します。

    Microsoft Edgeの設定手順2の画像

    [2]「McAfee WebAdvisor」をクリックします。

    Microsoft Edgeの設定手順3の画像

    [3]「入手」をクリックします。

    Microsoft Edgeの設定手順4の画像

    [4]ダウンロードが開始され、インストールが実行されますので、「起動」をクリックし、ブラウザを再起動します。

    Microsoft Edgeの設定手順5の画像

    [5]追加されると右上に拡張機能追加のアラートが出るので、「有効にする」をクリックします。

    Microsoft Edgeの設定手順6の画像

    [6]「マカフィーウェブアドバイザー」をクリックします。

    Microsoft Edgeの設定手順7の画像

    [7]機能が有効になり、アイコンが右上に表示されます。

  • Microsoft Edge(バージョン80以降)の設定手順

    開く

    Microsoft Edge(バージョン80以降)の設定手順1の画像

    [1]Microsoft Edgeアドオンにて「mcafee」でキーワード検索します。

    Microsoft Edge(バージョン80以降)の設定手順2の画像

    [2]「マカフィーウェブアドバイザー」をクリックします。

    Microsoft Edge(バージョン80以降)の設定手順3の画像

    [3]「インストール」をクリックします。

    Microsoft Edge(バージョン80以降)の設定手順4の画像

    [4]「拡張機能の追加」をクリックします。

    Microsoft Edge(バージョン80以降)の設定手順5の画像

    [5]機能が有効になり、アイコンが右上に表示されます。

Mac OS

  • Safariの設定手順

    開く

    Safariの設定手順の画像

    Safariを起動し(起動中の場合は再起動)、「環境設定」→「拡張機能」タブを表示させ、チェックボックスにチェックを入れ、有効にします。

  • Google Chromeの設定手順

    開く

    Google Chromeの設定手順1の画像

    [1]ブラウザのオレンジ色のメニューボタンをクリックし拡張機能追加のアラート「新しい拡張機能が追加されました(マカフィーサイトアドバイザーMac版)」を選択します。

    • アラートが表示されない場合は、メニューの設定をクリック→左上のメニューをクリック→拡張機能からサイトアドバイザーを有効にしてください。

    Google Chromeの設定手順2の画像

    [2]「拡張機能を有効にする」をクリックします。

    Google Chromeの設定手順3の画像

    [3]機能が有効になり右上にアイコンが表示されます。


  • パソコンのOSやブラウザにより、一部ページが正しく機能しない場合がございます。
  • 「McAfee」「マカフィー」は、米国およびその他の国におけるMcAfee LLCの商標です。
  • 「Windows」「Internet Explorer」「Microsoft Edge」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Mac、Mac OS、Safari は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • 「Google Chrome」は、Google LLC の登録商標です。
このページのトップへ