Android版の操作方法

画面構成

シンプルフリックの画面は「操作エリア」と「音声操作スタート」で構成されています。

シンプルフリックの画面構成の画像

[1]操作エリア

「2フリックモード」「フリック&ダブルタップモード」「タップ操作」の操作エリアとなります。
エリア内のどこからでも操作する事ができます。

[2]音声操作スタート

マイクボタンをタップすることで、「音声操作モード」の音声入力を開始できます。

操作用語

シンプルフリックで使用する主な操作用語です。

操作用語
呼称 定義
フリック 画面を触り、すぐに指をはじく動作です。画面を指で払うように操作します。
スライド 画面に触れている指をある方向に移動させる動作です。(移動後も、指は画面に触れたままの状態)
タッチ 画面に触り、同じ領域に触れた状態をキープする動作です。
タップ 画面を触り、すぐに指を離す動作です。
ダブルタップ 「タップ」操作を2回繰り返す動作です。
  • 間隔が長いと、別々のタップと認識し、ダブルタップとは認識されない場合もあります。

操作方法

シンプルフリックには、「2フリックモード」、「フリック&ダブルタップモード」、「タップモード」、「音声操作モード」の4つの操作方法があります。

  • 初期設定では「2フリックモード」に設定されています。

2フリックモード

画面上どこからでも、使用したいサービスの方向への2回のフリックで操作できます。

【操作例】2フリックモードでの電話発信

2フリックモードの操作例として、電話発信の操作方法をご説明します。

手順1の画像
【1】操作エリア内をタッチ
  • 「タッチ」は操作エリア内ならどこを触れても大丈夫です
手順2の画像
【2】上方向にフリックし、「電話」を選択
  • 画面から指を離さなくても、どれかを選択するとそのまま確定されます。
手順3の画像
【3】任意の方向にフリックし、電話相手を選択
  • 画面から指を離すと「確定」
手順4の画像
【4】右方向にフリックし、「OK」を選択
手順5の画像
【5】電話が発信されます

フリック&ダブルタップモード

左右のフリックで機能を選択し、ダブルタップで確定します。

【操作例】フリック&ダブルタップモードでの電話発信

フリック&ダブルタップモードの操作例として、電話発信の操作方法をご説明します。

手順1の画像
【1】左右にフリックして「電話」を選択
手順2の画像
【2】「電話」が選択できたらダブルタップ(画面を「トントン」と叩くように操作)で確定
  • 「ダブルタップ」は操作エリア内ならどこを触れても大丈夫です
手順3の画像
【3】左右にフリックして電話相手を選択
手順4の画像
【4】電話相手が選択できたら、ダブルタップ(画面を「トントン」と叩くように操作)で確定
  • 「ダブルタップ」は操作エリア内ならどこを触れても大丈夫です
手順5の画像
【5】左右にフリックして「OK」を選択
手順6の画像
【6】「OK」が選択できたら、ダブルタップ(画面を「トントン」と叩くように操作)で確定
  • 「ダブルタップ」は操作エリア内ならどこを触れても大丈夫です
手順7の画像
【7】発信されます

タップ操作

2タップで機能を選択し操作を行います。

【操作例】タップ操作での電話発信

「タップ操作」の操作例として、電話発信の操作方法をご説明します。

手順1の画像
【1】「電話」をタップ
手順2の画像
【2】電話相手をタップ
手順3の画像
【3】「OK」をタップ
手順4の画像
【4】発信されます

音声操作モード

操作したい機能などが配置された方向をスマートフォンに話しかけることで選択ができます。

■話しかけ言葉
・上側(うえがわ)
・下側(したがわ)
・左側(ひだりがわ)
・右側(みぎがわ)

【操作例】音声操作での電話発信

手順1の画像
【1】音声操作スタート(下のマイクマーク)を押下
手順2の画像
【2】ポロンと音が鳴り、音声操作スタート(下のマイクマーク)部分が赤くなる
手順3の画像
【3】スマートフォンに、「上側(うえがわ)」と話しかけ、「電話」を呼び出す
手順4の画像
【4】「上側(うえがわ)」など話しかけ、電話相手を選ぶ
手順5の画像
【5】「右側(みぎがわ)」と話しかけ、OKを選ぶ
手順6の画像
【6】発信されます

  • 「Android」はGoogle LLC の登録商標です。
このページのトップへ