ご利用方法

タブレット

手順1の画像

【1】アプリ一覧画面やHOME画面から「てがき翻訳」をタップし、起動させます。

手順2の画像

【2】利用許諾契約書を表示していますので、一読して頂き、内容に同意頂けましたら、「同意する」ボタンをタップしてください。

  • 2回目以降のご利用からは表示がありません。
  • 海外でアプリを起動した場合、通話料やパケット通信料が高額になる注意事項がポップアップで表示されます。
手順3の画像

【3】翻訳言語設定画面にて、翻訳先言語を設定してください。

  • 2回目以降のご利用からは表示がありません。
  • OS言語設定が日本語以外の場合、翻訳言語設定画面は表示されません。
  • OS言語設定が英語・中国語・韓国語・フランス語・スペイン語の場合、各言語⇔日本語の翻訳の設定となります。OS言語設定が上記5言語以外の場合、英語⇔日本語の翻訳の設定となります。
手順4の画像

【4】チュートリアルを確認し終わったら、「始める」ボタンをタップしてください。

手順5の画像

【5】キャンバス(赤枠内)に任意の文章を書くと、書いた文字の下部に、自動で翻訳結果が表示されます。

  • タブレットの場合、2行に跨いで文章を書いた場合、2行に分けての翻訳となりますので、1行1文で記載してください。(複数行の文章は未対応となります)
手順5の画像
  • スマホの場合、2行に跨いだ文章の翻訳が可能です。
    「翻訳結果」ボタンを押下した場合、翻訳結果フィールドが開いて、認識結果1と再翻訳結果2が表示される。
  1. ユーザが書いた言葉を、アプリがどのように認識しているかを表示した文字列(結果)
  2. 翻訳結果を、翻訳元言語に再翻訳した結果
手順5の画像
手順5の画像

「×」ボタンを押下した場合、翻訳結果フィールが閉じて、「翻訳結果」ボタンに戻ります。

手順6の画像

【6】「入力切替」ボタンをタップすると、翻訳元言語と翻訳先言語を切り替えることができます。

  • 「入力切替」ボタンを押下した際、キャンバスに記載されている言葉は削除されますので、ご注意ください。
手順6の画像
手順6の画像
  • キャンバスに何も文章がない場合、キャンバス上に以下のような注意書きにて、設定状態を確認することができます。
    「ここにXXXで書いてください」
    「Write here in XXX」
手順7の画像

【7】「絵を描く」ボタンを押下した場合、「絵描き」モード(フリー記述モード)に切替ります。【タブレットのみ対応】

  • 「絵描き」モードでは、文章を書いても翻訳されませんので、ご注意ください。
手順7の画像

描いた絵を修正したい場合は、「一つ戻る」ボタン、「一つ進む」ボタンにより、直前・直後の状態に、戻る/進むことができます。

もう一度「絵を描く」ボタンを押下することで「翻訳」モードに戻ります。

【利用例】
「絵描き」モードと「翻訳」モードを組み合わせて、下記のように利用することが可能となります。

手順7の画像
 
手順8の画像
手順8の画像

【8】「すべて消去」ボタンをタップすると、画面内の絵や文字は全て削除されます。

  • 挿入した画像は削除されませんので、ご注意ください。挿入した画像を削除したい場合は、サブメニューから画像の削除を選択してください。
手順8の画像

【取り消し線】
書いた文章上に横線を引くことで、文章を削除することができます。

  • 一部の文章のみ修正したい場合は、こちらの方法によって削除することをお奨めします。

スマートフォン

手順1の画像

【1】アプリ一覧画面やHOME画面から「てがき翻訳」をタップし、起動させます。

手順2の画像

【2】利用許諾契約書を表示していますので、一読して頂き、内容に同意頂けましたら、「同意する」ボタンをタップしてください。

  • 2回目以降のご利用からは表示がありません。
  • 海外でアプリを起動した場合、通話料やパケット通信料が高額になる注意事項がポップアップで表示されます。
手順3の画像

【3】翻訳言語設定画面にて、翻訳先言語を設定してください。

  • 2回目以降のご利用からは表示がありません。
  • OS言語設定が日本語以外の場合、翻訳言語設定画面は表示されません。
  • OS言語設定が英語・中国語・韓国語・フランス語・スペイン語の場合、各言語⇔日本語の翻訳の設定となります。OS言語設定が上記5言語以外の場合、英語⇔日本語の翻訳の設定となります。

さあ、てがき翻訳をスタートしましょう。

手順4の画像

【4】キャンバス(赤枠内)に任意の文章を書くと、書いた文字の下部に、自動で翻訳結果が表示されます。

  • 2行に跨いだ文章の翻訳が可能です。
手順4の画像
  • 翻訳結果フィールド右端の確認矢印を押下すると、認識結果3と再翻訳結果4が表示される。
  1. ユーザが書いた言葉を、アプリがどのように認識しているかを表示した文字列(結果)
  2. 翻訳結果を、翻訳元言語に再翻訳した結果
手順4の画像

戻る矢印を押下すると、翻訳結果の表示に戻ります。

手順5の画像

【5】「入力切替」ボタンをタップすると、翻訳元言語と翻訳先言語を切り替えることができます。

手順5の画像
  • 「入力切替」ボタンを押下した際、キャンバスに記載されている言葉は削除されますので、ご注意ください。
手順5の画像
  • キャンバスに何も文章がない場合、キャンバス上に以下のような注意書きにて、設定状態を確認することができます。
    「ここにXXXで書いてください」
    「Write here in XXX」

その他利用(オプション)

オプションメニューは、以下の項目で構成されています。

その他利用(オプション)の画像
 

翻訳言語の設定

ドコモ スマートフォン対応ドコモ タブレット対応

翻訳元言語と翻訳先言語を変更することができます。

翻訳元言語

設定可能言語:日本語、英語、中国語(北京)、中国語(台湾)、韓国語、フランス語、スペイン語

翻訳元言語の画像
 

翻訳先言語

設定可能言語:日本語、英語、中国語(北京)、中国語(台湾)、韓国語、フランス語、スペイン語

翻訳先言語の画像
 

  • 非対応の組み合わせは(英語⇔韓国語など)選ぶことはできません。

翻訳確認の表示

ドコモ スマートフォン対応ドコモ タブレット対応

「翻訳結果」ボタンの表示/非表示を選択することができます。

  • デフォルトは、ON設定となっています。
  • 表示切替はドコモ スマートフォン非対応です。

設定ON時の画面

画面の左下に「翻訳結果」ボタンが表示されます。

設定ON時の画面の画像
 

設定OFF時の画面

画面の左下の「翻訳結果」ボタンが非表示となります。

設定OFF時の画面の画像
 

手書き文字補正

ドコモ スマートフォン対応ドコモ タブレット対応

書いた文章の補正(フォント化)の有無を選択することができます。

  • デフォルトは、OFF設定となっています。

設定ON時の画面

設定ON時の画面の画像

設定がONの場合、文章記入後、アプリが認識した文章に自動で補正(フォント化)されます。

  • 設定がONの場合、翻訳結果フィールド内に、認識結果は表示されません。

設定OFF時の画面

設定OFF時の画面の画像

設定がOFFの場合、文章記入後も自動で補正(フォント化)されません。

画像を挿入

ドコモ タブレット対応

端末内に保存してある画像を、キャンバス(画面右側)に配置できます。

画像を挿入の画像

画像サイズは端末の解像度によってことなりますので、ご注意ください。

画像を挿入の画像

絵と文字を組み合わせることで、以下のように利用することができます。

画像を削除

ドコモ タブレット対応

配置している画像を削除できます。

翻訳契機の設定

ドコモ タブレット対応

翻訳する契機を設定することができます。(契機は以下の2パターン)

  • 文字記入で自動翻訳
    文章記入後、自動で翻訳(複数行は未対応)
  • 記入文字を丸囲みで翻訳
    文章記入後、利用者にて文章を丸で囲んだタイミングで翻訳(複数行も可能)
翻訳契機の設定の画像
翻訳契機の設定の画像
翻訳契機の設定の画像
 

使い方

ドコモ タブレット対応

チュートリアル画面を表示することができます。(初回起動時と同じ)

このアプリについて

ドコモ スマートフォン対応ドコモ タブレット対応

アプリバージョンなどを確認することができます。

このアプリについての画像
 

利用規約

ドコモ スマートフォン対応ドコモ タブレット対応

利用規約とアプリケーション・プライバシーポリシーを確認することができます。

利用規約の画像
 

その他機能(ジェスチャー)

その他のジェスチャー

ドコモ スマートフォン対応ドコモ タブレット対応

取り消し線で文章を消す以外にも、さまざまなジェスチャーに対応しています。

  • 「取り消し線」以外のジェスチャーについては、アプリ内での説明はありません。

ジェスチャーを使用してテキストを編集できます。

  • 単語を削除するには、取り消し線または塗りつぶしのジェスチャーを使用します。
その他のジェスチャーの画像
 
  • 2つの単語をマージして1つの単語にするには、下から上へ向かって長い縦のストロークを引きます。
その他のジェスチャーの画像
 
  • 1つの単語を分割するには(ここに別の文字を挿入することも可能)、上から下へ向かって長いストロークを引きます。
その他のジェスチャーの画像
 
  • 文字や単語を置き換えるには、上書きします。
その他のジェスチャーの画像
 
このページのトップへ