2019年5月掲載 改善事例

ドコモの回線をお持ちの方だけでなく、他社のスマートフォンをご利用の方にも「はなして翻訳」をご利用いただけるようになりました。さらに、対面翻訳の対応言語も12か国に拡大いたしました

お客さまのイラスト

「はなして翻訳」を他社のスマートフォンでも利用できるようにしてほしい。

スタッフのイラスト

ドコモの翻訳サービス「はなして翻訳」アプリのサービスリニューアルにより、2019年4月1日(月曜)から、ドコモの回線をお持ちの方だけでなく、他社のスマートフォンをお持ちの方にもご利用いただけるようになりました。
対面翻訳の対応言語も、これまでの言語にロシア語・ベトナム語が追加され12か国になり、日本に訪問する外国人の9割が利用する言語に対応1いたしました。
サービス利用料金は無料2となっておりますので、お気軽にご利用ください。

  1. 2016年日本政府観光局(JNTO)の調査結果に基づき、ドコモ算出。
  2. 通話料およびパケット通信料(通話利用の場合)、またはパケット通信料(対面利用の場合)が別途かかります。

「はなして翻訳」概要

「はなして翻訳」は、アプリを通してお互いの母国語を相手の言語に翻訳してくれるサービスです。
「対面翻訳」、「電話翻訳」、「うつして翻訳」の主に3つの機能があり、それぞれの場面に応じてご利用になれます。

主な機能

はなして翻訳の画像はなして翻訳の画像

「はなして翻訳」アプリのリニューアル

従来サービスからの主な変更点の画像従来サービスからの主な変更点の画像
注意3
  1. 電話翻訳はドコモの回線をお持ちの方のみ利用が可能です。
より幅広いお客さまにご利用いただきやすくなりました!新しくなった「はなして翻訳」はこちらからダウンロードが可能です。より幅広いお客さまにご利用いただきやすくなりました!新しくなったアプリは「はなして翻訳」からご確認ください。
こちらからダウンロード

はなして翻訳

このページのトップへ