ご用意いただいた携帯電話機をドコモのSIMカードでご利用される際のご注意事項

ご利用いただけない他社携帯電話機などについて

他社携帯電話機がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がなされていない場合(SIMロックが設定されているもの)についてはドコモの通信(5Gサービス・Xi(クロッシィ)サービス・ FOMAサービスなど)をご利用いただくことはできません。緊急通報もご利用できません。

  • ご利用になる携帯電話機の対応通信方式やSIMロック設定の解除等については機種を購入された事業者へ事前へお問い合わせ下さい。

携帯電話機などの動作確認・動作保証について

ドコモでは、FOMA契約とFOMA対応機種、Xi契約とXi対応機種、5G契約と5G対応機種の組み合わせ(すべてドコモ販売店で購入された機種)以外のご利用および、FOMAカード/ドコモUIMカード/ドコモminiUIMカード/ドコモnanoUIMカードを他社携帯電話機に挿入して利用される場合について、原則、動作確認などを実施しておらず、一切の動作保証を行いません。他社携帯電話機の設定・操作方法については、お客さまご自身でご確認いただくか、販売元事業者などまでお問い合わせください。また、FOMAカード/ドコモUIMカード/ドコモminiUIMカード/ドコモnanoUIMカードを他社携帯電話機に挿入して利用される場合、ご利用いただけるサービス・機能・ダウンロードしたアプリケーションなどの利用が制限される場合があります。34

  1. ドコモが提供するサービス・コンテンツについてはご利用できない場合でも、月額使用料は発生いたします。
  2. spモードをご利用される場合は、アクセスポイント(APN)を「spmode.ne.jp」に設定してください。

ドコモのネットワークで使用する周波数帯について

ドコモが提供している通信方式・周波数帯は「別ウインドウが開きます総務省のウェブサイト」をご覧ください。

ドコモnanoUIMカードをご使用されるお客さまへ

  • ドコモnanoUIMカードを挿入し、ドコモの通信サービス(FOMAサービス・「Xi」(クロッシィ)サービスなど)をご利用いただく場合、以下の制約事項がございますので、ご理解の上、ご使用願います。
    • 一部機種においてはLTE通信が利用できません。
    • 一部機種においては特定の周波数帯がご利用できません。

ご利用料金について

各種料金プラン、割引サービスなどについては、ドコモブランドの機種をご利用されるときと同様の料金体系でお申込みになれます。ドコモが提供する料金プランについては、「料金・割引」ページをご確認ください。なお、他社携帯電話機を利用したご利用料金については、以下のような取扱いとなりますので、ご注意ください。

  1. 「5G料金プラン(「5Gギガホ」など)」には、5G対応機種のご利用が必要です。
    お客さま自身でご用意いただいた5G対応機種で「5G料金プラン(「5Gギガホ」など)」を店頭申込される場合、5G対応機種をご持参いただく必要があります。
  2. FOMAサービスをご利用でパケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ フラットまたはパケ・ホーダイ ダブル2をご契約の場合、他社携帯電話機のブラウザ機能をご利用になった通信であっても、ドコモのiモード通信・iモードフルブラウザ通信・スマートフォン定額通信には該当せず、パソコンなどの外部機器を接続した通信の上限額7,800円(税抜)となります。
    ただし、他社携帯電話機がテザリング非対応であることなどを当社で確認できた電話機については、当電話機に当社指定のアクセスポイント5を設定いただくことで、設定後のパケット通信に関して、スマートフォン定額通信の定額料・上限額が適用されます67。当該電話機については、当社で他社携帯電話機がテザリング非対応であることを確認が取れた時点で、当社のウェブサイトにてお知らせします。現時点での対象は以下のとおりです。
    対象 適用開始日
    STAR7 SoftBank 009Z
    • 製造番号の頭8桁が「35772204」であるもの
    2012年1月19日(木曜)以降
    SoftBank 008Z
    • 製造番号の頭8桁が「35732604」であるもの
    2011年8月31日(水曜)以降
  3. FOMAサービスをご利用でパケ・ホーダイ、パケ・ホーダイ フル、Biz・ホーダイをご契約の場合、(1)と同様に定額通信の対象とはならず、従量課金となりますので、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ フラットまたはパケ・ホーダイ ダブル2への変更をお勧めします。
  4. 定額データプランをご契約の場合、定額対応アクセスポイントへ接続した通信に限り定額通信の対象となります。なお、VOIP、ファイル交換など一部ご利用いただけない場合があります。定額対応以外のアクセスポイントへ接続した通信は、定額通信の対象とはならず、従量課金となりますのでご注意ください。
  1. moperaUにおけるアクセスポイント情報については、別ウインドウが開きます設定方法(他社製品をドコモのSIMカードで利用する)をご確認ください。
  2. パケ・ホーダイ フラットをご契約の場合:定額料月額5,200円(税抜)
  3. パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ ダブル2にご契約の場合:上限額月額5,700円(税抜)

他社携帯電話機の修理について

他社携帯電話機の故障修理については、ドコモでのお取扱いはできません。お買い求めになった販売店など8までお問い合わせください。

  1. 故障修理のお取扱窓口は、事業者によって異なりますので、ご注意ください。

他社携帯電話機の技術基準適合証明などについて

ドコモの通信サービスをご利用いただく場合、他社携帯電話機が技術基準適合証明などを受けていることを事前にご確認の上ご使用ください。
技術基準適合証明などを受けた携帯電話機には、技適マークが付いています。技適マークが付いていない他社携帯電話機のご使用は、電波法違反になるため、ドコモのネットワークへの接続をお断りする場合があります。詳しくは、別ウインドウが開きます総務省のウェブサイトをご確認ください。

責任範囲

ドコモは、FOMAカード/ドコモUIMカード/ドコモminiUIMカード/ドコモnanoUIMカードの不具合やドコモの通信サービスの障害については、各サービスの契約約款に記載の範囲で責任を負いますが、FOMA契約とFOMA対応機種、Xi契約とXi対応機種、5G契約と5G対応機種の以外の組み合わせ時の事象や、他社携帯電話機に起因する事象については、一切責任を負いません。
Xi(クロッシィ)契約でFOMA対応機種をご利用する場合の注意事項については利用機種による注意事項をご確認ください。

このページのトップへ