MEDIAS PP N-01Dの製品アップデートに関してお知らせいたします。機能追加の他、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。

更新開始日 機種名 対応方法 提供期間 その他
2014年4月7日 MEDIAS PP N-01D ソフトウェア更新 2017年4月30日まで -
アップデート方法 更新時間注意1
端末本体(FOMA) アップデート方法 約6分

注意1 お客様ご利用のインターネット回線環境や、バックアップするデータ量により異なる場合があります。

今回のアップデート内容

注意下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象

  • 連写撮影後の画像保存中、まれにカメラアプリがフリーズする場合がある。

過去のアップデート内容

新しいソフトウェアを自動でダウンロードし、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2時〜午前4時)に書換えを行います。
なお、ホーム画面で「メニューボタン」⇒「本体設定」⇒「端末情報」⇒「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、即時更新も可能です。

ソフトウェアバージョンの確認方法

携帯電話(本体)のビルド番号を確認いただき、最新でない場合はアップデートをお願いいたします。

ビルド番号

過去ビルド番号:A1001701、A1001901、A1002701、A1003201、A1003401、A1003601、A1003801、A1003901
最新ビルド番号:A1004001

確認方法

ホーム画面で「メニューボタン」⇒「本体設定」⇒「端末情報」⇒「ビルド番号」

詳しい操作手順

(PDFファイルが開きます)ソフトウェア更新 簡易操作手順(MEDIAS PP N-01D)(PDF形式:528KB)

  • ソフトウェア更新はお客様の責任において実施してください。
  • ソフトウェア更新は手順をよくお読みいただき実施してください。
  • ソフトウェア更新はデータを残したまま行うことができますが、万が一に備え、大切なデータは必ずバックアップを行ってから、実施してください。バックアップの方法の詳細については取扱説明書をご参照ください。
  • 一旦ソフトウェア更新を実施すると、前のバージョンへ戻すことはできませんのでご了承ください。
  • ソフトウェア更新を実施すると、お客様ご自身でインストールされたアプリケーションが使用できなくなる場合があります。
  • ソフトウェア更新中は電池パックを外さないでください。更新に失敗することがあります。
  • ソフトウェア更新を行う際は、電池をフル充電しておいてください。更新時は充電ケーブルを接続することをおすすめします。
  • 次の場合はソフトウェアを更新できません。
    • 通話中
    • 圏外にいるとき
    • 国際ローミング中
    • 機内モード中
    • Wi-Fiネットワークネットワークとの接続中
    • OSバージョンアップ中
    • USBテザリング利用中
    • Wi-Fiテザリング利用中
    • 日付・時刻を正しく設定していないとき
    • ソフトウェア更新に必要な電池残量がないとき
    • ソフトウェア更新(ダウンロード、書換え)には時間がかかることがあります。
  • ソフトウェア更新中は、電話の発信、着信、各種通信機能、およびその他の機能を利用することはできません(ダウンロード中は音声着信が可能です。ただし音声着信時はダウンロードが中断されます)。
  • ソフトウェアの更新の際には、サーバー(当社のサイト)へSSL/TLS通信を行います。
  • ソフトウェア更新は、電波が強く、アンテナマークが4本表示されている状態で、移動せずに実行することをおすすめします。

    注意ソフトウェアダウンロード中に電波状態が悪くなり、ダウンロードが中止された場合は、再度電波状態のよい場所でソフトウェア更新を行ってください。

  • すでにソフトウェア更新済みの場合は、ソフトウェア更新のチェックを行った際に更新の必要がない旨のメッセージが表示されます。
  • 国際ローミング中、または圏外にいるときには、更新ができない旨のメッセージが表示されます。
  • ソフトウェア更新に必要な電池残量がないときには、充電が不足しているため更新できない旨のメッセージが表示されます。
  • ソフトウェア更新中に送信されてきた、SMSはSMSセンターに保管されます。
  • ソフトウェア更新の際、お客様のFOMA端末固有の情報(機種や製造番号など)が、自動的にサーバー(当社が管理するソフトウェア更新用サーバー)に送信されます。当社は送信された情報を、ソフトウェア更新以外の目的には利用いたしません。
  • ソフトウェア更新に失敗した場合、書換えが失敗した旨のメッセージが表示され、一切の操作ができなくなる可能性があります。その場合には、大変お手数ですがドコモ指定の故障取扱窓口までお越しいただけますようお願いいたします。
  • PINコードが設定されているときは、書き換え処理後の再起動の途中にて、PINコードを入力する画面が表示され、PINコードを入力する必要があります。
  • ソフトウェア更新中は、他のアプリケーションを起動しないでください。

注意最新の更新を実施すれば、全ての事象が改善されます。

更新開始日 アップデート内容
2013年12月19日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 一部のアプリケーションの起動に失敗する場合がある。
2013年11月28日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 携帯電話(本体)とG-SHOCKをBluetooth®接続した際、電話を着信してもG-SHOCKがまれに鳴動しない場合がある。
2013年3月19日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 撮影した動画を再生する際、映像と音声がずれる場合がある。
2012年9月3日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • マナーモード設定時に音声着信を応答保留にすると、正常にガイダンスが流れない場合がある。
  • microSDXCカードを差し込むと、microSDXCカード内のデータが破損される。

■ご注意

  • ソフトウェアアップデートを実施しても、microSDXCカードはご利用いただけません。
2012年5月24日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 特定のブラウザを利用し、全角記号・全角英数を入力すると空白になる場合がある。
2012年3月8日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • ブラウザを繰り返し利用すると、まれにブラウザの起動に時間がかかる場合がある。
2011年12月20日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 一部の動画コンテンツを再生する際に、まれにスムーズに再生できない場合がある。
  • 注意更新期間の満了日につきましては、都合により予告なく変更する場合がございます。
  • 注意「MEDIAS」は、NECモバイルコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
  • 注意「G-SHOCK」は、カシオ計算機株式会社の登録商標です。
  • 注意「Bluetooth」は、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標であり、株式会社NTTドコモはライセンスを受けて使用しております。
  • 注意「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ